No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.798  【PRIDE GP 2003】クイントン"ランペイジ"ジャクソン vs チャック・リデル


Chuck Liddell vs Quinton Jackson
Uploaded ByYou Tsube
 19:23

このカードは2007年5月26日に行われるUFC71でライトヘビー級のタイトルを掛けての再戦が行われます!

2007年3月27日にPRIDEの経営者がUFCのオーナーと同一人物の手に渡る発表がなされました。
UFCを運営するズッファ社長のダナ・ホワイトもPRIDE公式会見に足を運び「PRIDEを潰す」と公言し、それを受けてPRIDE戦士等も口撃しました。

この再戦カードはPRIDE vs. UFCの闘いの先陣を切る形となりそうです。




QuintonJackson_vs_iceman03.11.9.jpg
2003/11/09 PRIDE GP 2003 決勝 ミドル級トーナメント準決勝 1R10分2R5分 東京・東京ドーム
Quinton Jackson vs Chuck Liddell

ファイル最初に「UFCの威信を胸に」と触れられていますが、リデルはUFCのテーマ曲、UFCのTシャツを着て入場しました。

リデルはこの試合後バックステージプレスで、「UFCで次の試合が決まっている。」とコメントしていた事から、現役UFC選手vsPRIDE選手の構図であった試合です。

ジャクソンはPRIDEで6勝2敗の戦績を残しています。
物凄いパワーファイターと荒くれ者キャラクターで、PRIDEでの地位を確立している時期でのGP参戦です。
レスリングをベースに、ボクシング技術も高めてきています。

リデルは同年6月にUFCライトヘビー級王者から陥落し、その2ヵ月後の同GP開幕戦を復帰戦としPRIDEミドル級GPに参戦しました。
初戦はアリスター・オーフレイムとの打撃戦を制し、迎えた準決勝です。
2001年に既に初来日しPRIDE14でガイ・メッツァーと対戦し勝利しています。
この試合までのMMA戦績は15勝2敗、UFC戦績は8勝2敗でUFCライトヘビー級のタイトルはケビン・ランデルマンより奪取しました。
タックルを切る技術が高く、ボクシングスタイルで打撃を得意とする選手です。
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> PRIDE >> 【PRIDE GP 2003】クイントン"ランペイジ"ジャクソン vs チャック・リデル






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。