No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.784  ジョルジュSTピエール テクニック講座1


Georges St-Pierre - MMA Instructional Vo
Uploaded ByYou Tsube


まずジャブの打ち方です。
後ろ足を使いステップを踏むのが重要です。
そして踏み込んでジャブを打つ時、肘をたたむのがキーです。
肘が開いてはいけません。楽に踏み込み左手で素早く打ちます。

次のテクニックは目線です。
相手を前にするとだいたいの人が下を見てしまいます。
ここで重要なのが、重心をしっかりし相手の顔を見ることです。
見続けることが重要で、少し動いても視線は相手を意識し続けます。

そして、右手で相手のアゴを打ち抜く。
相手のジャブを腰と足を使って避けて打つ。
その時、カウンターで額ではなく相手のアゴもしくは首の境目を狙って打ちます。
当たったら少し手首を下に動かしてください。

今度は足を使ってのカウンターです。
まず楽に構えます、硬くならずに楽にです。
相手のジャブが来たら、相手のインローを蹴りカウンターを打つ方法です。
ジャブがきたらアゴを右手でしっかりガードし、左手は腰の反動で下に振り下ろします。
それと同時にスネ、足の甲を使って相手のインローを蹴りカウンターパンチを打ちます。

次にお薦めの技があるので紹介します。
それはスピン・バックキックです。
まず大事なのは最初にジャブを打つ事です。
素早いジャブを打ち、次目線はそのまま素早く顔を逆に向け視線を相手に再度合わせます。
そして、膝を上げます。その時開かないようおしりで隠すように膝を上げます。
そしてカカトで下から蹴り上げます。
ここで多くの人が間違えてやってしまうのが、ジャブを打ちその反動で足が開いたまま蹴る事です。
外側に膝が流れないようしっかり内側にたたんでバックキックしてください。
そして最初のジャブを打った際、手を伸ばしたままにしないでください。打ったら拳を素早く引く事が大事です。
そうしないでバックスピンすると、バランスを崩してしまいます。
パンチを打つ時はスナップを聞かせる事に気をかけてください。
打ったら素早く引く、打ったら引く、キックの場合も押すのではなく引く事が大事です。

これらの事に気をつけて実践してみてください。

次に裏拳の打ち方です。
先ほどのスピニングバックと回転するとこまでは一緒です。
回転して相手の方へ回る時に今度は拳を回します。
その時親指を立てることはMMAでは駄目です。
親指はしっかり握って、拳の側等部に当たるようにします。
前腕部はとてももろいのでしっかり拳が当たるように振りぬきます。
そして次が重要なのですが、打ち終わりです。
回って裏拳を打った後、しっかり顔を守る事が大事です。
このテクニックが使える場所は、ステップが踏める、ある程度の距離が必要で、コーナーなどでは使えません。

次にスピニングバックキックがきた時のカウンターです。
だいたいの人々は自分がスピニングバックキックを打つとバックステップで避けようとします。
バックステップで逃げるとカウンターや、次の攻撃移りづらい展開となり大きなアドバンテージとなってしまいます。
相手のバックキックが自分に向かってきたら、後ろに下がるのではなく横にステップします。
そう相手の蹴りをしっかり避けて、相手へスナップのきいたカウンターパンチを打ち込みます。
相手の後頭部を打ちます。それはアゴを打った時と同じダメージを与える事ができます。

次に前蹴りです。
これは相手の攻撃から回避する事ができます。
しっかり、腰を後ろに倒して蹴りだします。この動きが大事で、足だけで小さくまとまらないでくささい。
その時のモーションは小さめで蹴りだし、当たる時に一気に腰を使って力を入れます。
腰を要れずに足だけで蹴った場合は相手のバックキックも裏拳もまともにくらってしまいます。
お尻を使ってしっかり蹴り込めば、避けた後相手を突き放す事も踏み込む事もできます。
GeorgesStPierre_07.3.19.1.jpg

Georges St-Pierre

現UFCウェルター級王者ジョルジュ・ST・ピエールのTKOウェルター級王者時代テクニック講座映像です。

デビッド・ロワゾーをパートナーと共に技解説です。

映像をみていればだいたい分かると思いますが、同じコメントの所は省かせてもらいポイント訳を左に明記しておきます。
最後は数種類のミックスコンボを実演してくれています★

ただ、これはMMAプロがみて実践に生かすための講座ファイルなので、見る側としてはピエールの試合を今後観戦する上での楽しみのひとつとしたら見方の幅が広がるかもしれませんね!
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> 外国人選手PV >> ジョルジュSTピエール テクニック講座1






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。