No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.775  【迫力満点レフリーカメラ映像】桜庭和志 vs ヒカルド・アローナ【PRIDEミドル級GP2回戦】

 17:34

レフリー目線からカメラ位置がやや下で、途中からセコンド、プロモーターへの視線が目立ち多少見づらい箇所もありますが、レフリー目線で試合を観戦してみてください。





















saku_vs_arona3.15up.jpg
2005/06/26 PRIDE GP 2005 2nd ROUND ミドル級GP2回戦 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Kazushi Sakuraba vs Ricardo Arona

試合を一番近くで見ているレフリーカメラからの桜庭とアローナの一戦でとてもライブ感があります★

桜庭は「グレイシーハンター」と名を馳せ、「柔術キラー」と呼ばれてからどれくらいの月日が経ったのでしょう。

ヴァンダレイ・シウバとの激闘を幾度も繰り返し、その度白星を献上してしまい、シウバに「日本人キラー」「ミドル級絶対王者」というミドルネームを与えてしまった事の重責を背負ってのミドル級GPトーナメント参戦となった今大会です。

リングス世界ミドル級王者、ADCC‐98kg、無差別級2冠王者でBTTに所属し、柔術をバックボーンに持つ極め、グラップリングのスペシャリストはアローナはそ「柔術キラー桜庭」を追って、PRIDEのリングを求めた経緯があります。
PRIDEでこの試合までは派手な評判とは裏腹に地味に映る試合が多い中5勝1敗の戦績を残しています。

この時期はブラジル老舗ジムのシュート・ボクセvsブラジリアン・トップ・チームのジム抗争もあり、その後のヴァンダレイ・シウバ、マウリシオ・ショーグンといったCB勢への照準もあってか、この試合は特に勝ちに拘った試合となっています。

この試合はご存じの方も多い試合で、記憶に残る試合となりました。

スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> PRIDE >> 【迫力満点レフリーカメラ映像】桜庭和志 vs ヒカルド・アローナ【PRIDEミドル級GP2回戦】






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。