No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.756  【bodogFIGHT】マイク・ブラウン vs イーブス・エドワーズ【Season2】

▼Round1<5:37>

▼Round2<5:20>

▼Round3~勝利者インタビュー<8:09>


参考:ADCC NEWS
bodog2_YvesEdwards_Vs_MikeBrown.jpg
2006/12/16 Bodog Fight St. Petersburg ライト級5分3R ロシア・サンクトペテルスブルグ
Mike Thomas Brown vs Yves Edwards

DEEPフェザー級トーナメントに出場をしたマイク・ブラウンと修斗、PRIDE武士道に出場し日本でも馴染みのある両者の一戦です。

赤トランクスがブラウン、青トランクスがエドワーズです。

ブラウンの名が日本のMMAファンに多く知れ渡ったのが、DEEPフェザー級初戦にグラバカの山崎 剛をスタンド、グランド共に力でねじ伏せた事により一時は同トーナメントの優勝候補にもなりました。
2005年4月からアメリカン・トップチームに移籍し高いレベルでトレーニングをしてそれからのMMA戦績は5勝1敗(内3一本、1KO)でこの試合までにAFC(Absolute Fighting Championships)フェザー級王座も奪取1防衛しており、元々高いサブミッション力に打撃スキル上げ臨むこの試合です。ただ、過去の負けた試合のほとんどがこのライト級の階級だけに鬼門試合と呼べるかもしれません。

エドワーズはNHBの鉄人で、この階級で世界のトップファイターである事は間違いないのでしょう。
しかし、世界数多くのリングやケージで活躍するもここ一番で星を落としてしまい中々チャンスが巡ってこない苦労人とも言えます。
近年ではボクシング技術に更に磨きを掛けたストライカーでありながら、グランドでの細長い手足から絡みつくようなグランドテクニックも持ち合わせておりこの試合までのMMA戦績は29勝11敗1分で7割を越すKO&一本勝ちをしています。
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> ▲以外格闘技(海外) >> 【bodogFIGHT】マイク・ブラウン vs イーブス・エドワーズ【Season2】






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。