No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.617  ジェイク・シールズ グラップリング講座

5:06
1.三角締めへの移行の模様
相手にトップトップポジションを取られたら、まずはオープンガードで、そのままだとパンチを貰ってしまうので、相手の片腕を引きもう片方の腕の肘を押し込みます。
その肘を押した方の肩から足を掛け下にしっかり振り下ろし腕でフックします。
この時、腕フックをしないと相手選手に起き上がられパウンドをもらってしまいとてもきつい状況になってしまいます。
ですからしっかり手をそえます。
その時掛けた足は三角の形になるように、そうして相手選手の頭を下に引きながらもうひとつの足でロックしてください。
その時、掛ける足は上の方ではなくしっかり下でロックしてください。

相手選手は頭を使って逃げようとしますのでしっかり頭を引いてください。

もしうまく引かれて失敗するとサイドポジションを取られてしまうから三角ロックは重要です。

2.アームロックです。
同じような形から今度は片足をバタフライガードの型にし、もう片足を相手の首の後ろにしっかり抱きかかえるように下ろします。
相手は頭を揺らし逃げようとし頭を後ろに引いた時、もう片足も頭に引っ掛けます。
それから腕の筋が伸びるように押さえます。

これらはとてもお薦めな技です。
三角締めから腕を極める事に移行する事もできます。
Chokes_and_Submissions_JakeShields.jpg

Chokes and Submissions - Jake Shields

アメリカの金曜日に取材する番組、「グラップリング フライデイ」からジェイク・シールズのグラップリング講座の模様です。

シーザー・グレイシー・アカデミーでこの回は2度目以降の収録です。
すごく設備の整ったきれいなジムですね★

ジェイク・シールズ・ファイティング・チームとなった今でもここでトレーニングしているのでしょうか!?





スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> 外国人選手PV >> ジェイク・シールズ グラップリング講座






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。