No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1324  【修斗】上田将勝 vs. 岡嵜康悦【フェザー級王座決定戦】

▼世界フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R
上田将勝(パラエストラ東京/同級世界10位&環太平洋7位)
  versus      
岡嵜康悦(総合格闘技コブラ会/同級世界3位&環太平洋同級1位)

 9:52 (1R~)


 9:06 (2R 3:51~)















08328_ueda_vs_ikazaki.jpg
2008/03/28 プロフェッショナル修斗 CACK TO OUR ROOTS 08 修斗世界フェザー級王座決定戦 5分3R 東京・後楽園ホール
Masakatsu Ueda vs. Koetsu Okazaki

青トランクス修斗世界フェザー級10位の上田と白トランクス同級3位の岡嵜の空位である修斗世界フェザー級王座決定戦の模様です。

上田は京都関西出身ですがパラエストラ東京所属、岡嵜はこの試合から無所属になっていますが、それまではセコンドにも着いている三島☆ド根性ノ助の大阪総合格闘技道場コブラ会でスキルアップをした選手で、東西対決となりました。

前王者の外薗晶敏が同郷大阪の岡嵜にすべてを託したコメントを残し、無敗のまま同タイトルを返上しました。

この試合は両者共に無敗で、上田はこの試合までの修斗戦績は7勝1分アマ修でも無敗で2006年フェザー級の新人王というとてつもないレコードの持ち主、岡嵜はこの試合まで修斗戦績5勝1分で2004年フェザー級新人王という似た戦歴を残しており、交わるべくして交わった2本の道と言えます。

上田は国士舘大学レスリング部出身で、レスリングでは山本KID徳郁とライバルと言われ五分の戦歴を残した1977年生まれの30歳でサウスポースタイルです。

そして中井祐樹先生の弟子とくれば、どれだけグラップリングスキルがあるか想像してください。

ここ数試合を観てみると、そのグランド勝負になる前、ハイキックも基点に多用しており打撃スキルの向上も伺えトータルバランスのよさが分かります。

無尽蔵のスタミナにも注目。

岡嵜はそれに対抗すべく、ファイル内でも触れられていますが、「大阪アライアンス」とも言うべく連合セコンド陣とのここまでのトレーニングでしょう。

同階級の外薗晶敏、一階級上の三島☆ド根性ノ助、中蔵隆志らすごいメンバーがついています。

トータルバランスの良い選手達とスキルアップをしてきたと思われる岡嵜は打撃が得意の選手です。
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> 修斗 >> 【修斗】上田将勝 vs. 岡嵜康悦【フェザー級王座決定戦】






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。