No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1151  【修斗】五味隆典 vs 桑原卓也【ウェルター級】

▼1Round~2Round終盤 <7:26>

▼2Round終盤~     <7:16>

-この試合序盤で意識が飛んでいた勝者インタビュー-
(抜粋)
―勝者
いや~、何で(どのような内容で)勝ったのか分かんないんですよ。(相手の)戦意喪失ですか?」
―記者
判定ですよ。
―勝者
判定ですか?何Rですか?
―記者
そりゃあ3R全部ですよ。
―勝者
ウッソだぁ!嘘だぁ。嘘だ。(3Rも)やってないって。嘘ばっか。嘘だぁ。



gomi_vs_kuwabara1999.jpg
1999/03/28 プロフェッショナル修斗 -the Renaxis- 1999ウェルター級 5分3R 東京・後楽園ホール
Takanori Gomi vs Takuya Kuwabara

五味隆典と桑原卓也の修斗クラスA
「一級品のど付き合い」
そんなサブタイトルを付けてもいい、この年のベストバウトに上げる人も多かった一戦です。

序盤は冷静なセコンド陣も放送コードにも引っかかる「これは喧嘩だぞ」「殺せ」なども飛び交ったほどの白熱戦です。

セコンドの声にも耳を傾けて観戦してください。亀田陣営どころではないですねw

最後に勝者のインタビューがありますが、これまでしっかり観てください★

五味からの紹介は当時のランキングから順序が逆になりますが、紹介させてもらいます。

五味はK'z Factory所属でクラスA昇格初戦となる試合です。

1998年11月にプロ修斗デビューし、鶴屋浩に判定勝利、続くクラスB2戦目で当時2勝1分で勢いに乗っていた高田和道を一蹴しクラスA昇格を決めこの試合がプロ戦3戦目の試合です。

試合前から既にスイッチの入っている五味は殺気を纏っているかのようなナーバスさでこの頃は試合に臨んでいました。

ちなみにこの頃?(修斗Kz FACTORY所属時代)サンダーキッズ、Kzの壊し屋というニックネームが付いていました。

桑原は158cmで-70㎏の選手ですが、気持ちの強い選手揃いのPUREBRED大宮所属でこの試合までのプロ修斗戦績は6勝3分の無敗選手で同級世界4位でした。

この興行は桑原所属ジムのPUREBRED大宮主催興行でマッチメークは高田指名試合とも言われていました。


スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> 修斗 >> 【修斗】五味隆典 vs 桑原卓也【ウェルター級】






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。