No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1114  【CAGE FORCE 4】菊地昭 vs 吉田善行【ウェルター級T準決勝】


5:52


2006年9月にGCMコミュニケーション主催の金網格闘技大会「D.O.G(デモリッション・オクタゴン・ギア)」から大会名を「CAGE FORCE(ケージフォース)」へと変更することを発表がされ、2007年2月に初めてのライト級、ウェルター級の2階級のトーナメントが始まりました。

興行名のCAGE FORCEは宇野薫によって命名され「CAGEは戦いの場、FORCEは物理的・精神的な力の両面を指し、リング以上に力を発揮することが難しい金網の中で、物理的・精神的な真の力が発揮できるような場」
という意味合いが込められたものです。

ルールについてはUFCで採用されている米国・ネバダ州のMMAコミッションに準じたものを用いるており、段階的なヒジによる攻撃の解禁、グラウンドでのヒザ攻撃撤廃などが許されています。











cageforce4_Kikuchi_vs_Yhoshida.jpg
2007/09/08 CAGE FORCE 04 ウェルター級トーナメント準決勝 5分3R 東京・ディッファ有明
Akira Kikuchi vs Yoshiyuki Yoshida

白トランクスの菊地昭と青トランクスの吉田の同トーナメント初戦を共にTKO勝利で勝ち上がった準決勝の一戦です。

菊地はファイル内でも紹介されていますが、第7代修斗世界ミドル級王者で、寝技大魔神の異名を取る柔道をベースにした選手で、金網戦績は2戦2連勝中です。

同年2月に修斗の世界タイトルから陥落し、3月に行われた同CAGE FORCEトーナメント一回戦でアメリカのジャレッド・ローリンズから菊地の必勝定石パターンともいえるテイクダウンからパス、パウンドという復活勝利を手にしています。

試合前のコメント
「良い試合をして、良い汗をかきたいと思います」

吉田は柔道をベースにしたMMAファイターで東京イエローマンズ所属の選手ですが、吉田秀彦の瀧本誠と柔道同期で親交も深いという事で吉田道場でもトレーニングをしています。

金網では4戦全勝、修斗ではクラスBで修斗戦績2勝2敗の戦績を残しています。
(現在MMA6連勝中でトータル7勝2敗)

同トーナメント初戦(一回戦)では同年7月にパンクラスウェルター級暫定王者となり勢いのある井上克也からクリンチを有効活用した首相撲・パンチのコンビで圧倒し勝ち上がりました。

グランド勝負の印象を残しつつ打撃スキルの良さも見せつけた一戦となりこの試合でそのベールが脱げるか注目されます。

―試合前コメント
「決勝に残るような試合をして勝ちます」
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> ▲以外格闘技(日本) >> 【CAGE FORCE 4】菊地昭 vs 吉田善行【ウェルター級T準決勝】






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。