No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1057  【GFC】ヴィトー"シャオリン"ヒベイロ vs クリス・ブレナン


10:35
Thanks Uploaded by Princenino


GFC=Gracie Fighting Championships

この他ヴィトー"シャオリン"ヒベイロの貴重映像はコチラ

参考&リンク:GFC公式Myspace/ShaolinChris "The Westside Strangler" BrennanMMA WEEKLY


















gfc_shaolin_vs_brenann.jpg
2006/03/03 GFC "Team Gracie vs Team Hammer House" ライト級5分3R アメリカ・オハイオ州コロンブス ネイションワイド アリーナ
Vitor"Shaolin"Ribeiro vs Chris Brennan

グレイシー・ファイティング・チャンピオンズシップと銘打ち、チームグレイシーとチームハンマーマウスと興行タイトルが付けられましたが、チーム対抗戦ではなく、同興行ではK-1ルールでの試合も行われFEGの息の掛かった、これから掛かるであろう選手が参戦した試合となりました。

その11試合中、第5試合目に行われたのが黒トランクスのシャオリンと緑トランクスのブレナンの一戦です。

シャオリンは2004年12月に修斗世界ウェルター級の王座を川尻達也に奪われ、2005年9月にイギリスのCage Rageでライト級世界王者をジーン・シウバより奪取し、現役王者の肩書きがある中での参戦となりました。

ブレナンは柔術黒帯でねちっこいグランドスキルを持つ選手としてアメリカではUFC、KOTCなどで闘い、日本ではPRIDE武士道にも参戦し、これまでのMMA戦績は18勝9敗1分で内16が一本勝ちで、多くの関節技で勝ってきた関節技を武器にする選手です。

KOTCのミドル級世界王座をはじめ、数多くのローカルMMAバウト興行の王者になっています。

―この試合(ファイル)について―
最後、よく分からない形でファイルが終わっているように思われますが、この試合はドクターストップでもなく、レフリーによるストップによるTKO決着でもなく、このまま「棄権」という形で試合が終わりました。

最後ちらりと映る両手を挙げる姿が映った選手が勝者です。
「相手の心を折る」完全勝利です。

更なる進化する勝者に今後も注目してみてください★

スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> ▲以外格闘技(海外) >> 【GFC】ヴィトー"シャオリン"ヒベイロ vs クリス・ブレナン






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。