No.  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.1023  【RINGSリバイバル】ロシアン皇帝たった一つの黒星


2:12


◆両者2度目の対決、PRIDEでの闘いはコチラで!
















































20070719005604.jpg
2000/12/22 RINGS WORLD MEGA-BATTLE OPEN TOURNAMENT 2000 KING of KINGS Bブロック ヘビー級 5分2R
大阪・大阪府立体育会館
Fedor Emelianenko vs Tsuyoshi Kohsaka

2000年8月にMMAデビューし、同年9月に初来日し後楽園ホールで日本デビューをしてから2007年4月までの28戦で黒星を喫したのはこの試合のみのロシアン皇帝との異名までついたエメリヤーエンコ・ヒョードル。

この試合はヒョードルMMAデビュー4戦目の映像です。

今となってはこの高柳謙一アナの声も懐かしく思えますが、まだこの日を迎えるまで2戦を消化しただけの選手に、未知の強豪としての評価の高さがさらっとした実況からも伺えます。

この大会は総勢32名、当時の世界トップコンテンダーによってブロックを2つに分行われたトーナメントで、この試合はこの日この試合の前に1回戦を勝ち抜いた両者によって行われた2回戦です。

年をまたぎ3日間を費やし2001年2月にファイナルを迎えた同トーナメントで後にこのロシアン皇帝のライバルとされるアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラが優勝します。

その後は場所をPRIDEのリングに移し、10年の歴史を作っていきますが、その10年の歴史の中でこの高阪剛とのリベンジマッチも行われます。

結果はまさにこの屈辱を倍返しともいえる…

あまりにも早い結末をご覧ください!
スポンサーサイト

トップページ >> スポンサー広告 >> スポンサーサイト

トップページ >> ▲以外格闘技(日本) >> 【RINGSリバイバル】ロシアン皇帝たった一つの黒星






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。