スポンサーサイト

【戦極-第4陣-】五味隆典 vs ハン・スーハン【ライト級】

sengoku4_TakanoriGomi_vs_SungHwanPang.jpg
2008/08/24
戦極~第4陣~
メインイベント
ライト級5分3R
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Takanori Gomi vs Sung Hwan Pang

戦極~第4陣~メインイベントに行われた五味隆典とDEEPライト級現役王者のハン・スーハンのライト級の一戦です。

この試合は同興行に行われたライト級グランプリシリーズの勝者の面々もリングサイドで観戦しています。

ロード・トゥ・五味として開幕したライト級GPシリーズなだけに、GP本戦以上に五味にとってはプレッシャーの掛る試合といえます。

五味はいきなりオーソドックススタイルでスタンド勝負。
本来のサウスポーを封印?しての新生五味隆典披露でしょうか!?

その辺のスタイルも含め、前回の涙ぐみ五味から結果だけではない色々注目どころのある試合です。


当ページがポップアップブロックされると思います。気にはなりますがポップアップブロックは違法性はないので無視して大丈夫です。。気にせずこの試合を閲覧したい場合は、↓へスクロール。画面内下の「Close Ad」をクリックし、その後再生ボタンをクリックしてください。観戦できます。▼ライト級 5分3R 五味 隆典(日本/久我山ラスカルジム/69.9kg)ハン・スーファン(韓国/CMAコリア/70.0kg)22:00...

【戦極-第4陣-】高橋和生 vs ヴァレンタイン・オーフレイム【ヘビー級】

sengoku4_ValentjinOvereem_vs_KazuoTakahashi.jpg
2008/08/24
戦極~第4陣~
第1試合
ヘビー級5分3R
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Kazuo Takahashi vs Valentjin Overeem

人食い義生、高橋義生から本名へリングネームを改名して参戦した高橋和生とアリスター・オーフレイムの実兄でPRIDE初期に活躍し3年半振り来日のヴァレンタイン・オーフレイムのヘビー級の一戦、同興行第1試合の模様です。

▼ヘビー級 5分3R 高橋 和生(日本/フリー/94.5kg)ヴァレンタイン・オーフレイム(オランダ/ゴールデングローリー/108.2kg) 6:27...

【戦極-第4陣-】パウエル・ナツラ vs ヤン・ドンイ【ヘビー級】

sengoku4_PawelNastula_vs_YangDongYi.jpg
2008/08/24
戦極~第4陣~
第2試合
ヘビー級5分3R
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Pawel Nastula vs. Yang Dong Yi

元日本の高田道場所属で現チーム・ナツラを作り戦極初参戦となるアトランタ五輪柔道金メダリストのパウエル・ナツラとMMAではDEEPで2戦の実戦経験があり、2連続TKO勝利中の新鋭ヤン・ドンイのヘビー級の一戦です。

ナツラはこの試合に向け、ミルコ・クロコップと打撃練習をしてきたので、打撃スキルにも注目してみてください。

最後はミスジャッジ?離れ際にヤンのパンチがローブローを叩いているのが分かります。

ローブローをアピールしてもしかたない内容です。

遺恨の残る結果となりそうです。
▼ヘビー級 5分3Rパウエル・ナツラ(ポーランド/チーム・ナツラ/101.6kg)ヤン・ドンイ(韓国/CMAコリア/100.1kg)12:26...

【戦極-第4陣-】速報随時更新/ライト級グランプリシリーズ4試合 【開幕戦】

sengoku4_rightGP_roadtogomi.jpg
2008/08/24
戦極~第4陣~
ライト級グランプリシリーズ
全4試合 5分3R

※下2ファイルは画面内下の「Close Ad」をクリックし、その後再生ボタンをクリックしてから観戦してください。
ポップアップブロックされる事がありますが、そのまま無視したままでも問題なく閲覧できます。

ロード・トゥ・五味と言える同ライト級GPシリーズ。

このGP優勝者が五味隆典と対戦し初代戦極ライト級王者となる構想で世界中から集められた8人からなるトーナメントです。

新興MMA興行団体もここ数年で増え、数ある団体からのオファーも断り、戦極への参戦を決めたのには五味隆典と闘うチャンスがあるという理由である選手も数多く集ったとも言われています。

ライト級GP開幕興行のメインにはその五味がDEEPライト級王者のハン・スーハンと闘うというプレッシャーある試合も組まれて行われました。

さあ、次に進めた選手は誰だ!

キーワード:Eiji Mitsuoka 、 Rodrigo Damm、Satoru Kitaoka 、 Clay French Sengoku、Mizuto Hirota 、 Ryan Schultz、Kazunori Yokota 、 Bojan Kosednar
▼ライト級グランプリシリーズ開幕 第4試合北岡 悟(日本/パンクラスism) クレイ・フレンチ(米国/H.I.T.Squad) 4:48▼ライト級グランプリシリーズ 開幕第3試合光岡 映二(日本/和術慧舟會RJW) ホドリゴ・ダム(ブラジル/アライアンスBJJ)4:30▼ライト級グランプリシリーズ 開幕第2試合横田 一則(日本/GRABAKA) ボーヤン・コセドナー(スロベニア/WFC)▼ライト級グランプリシリーズ 開幕第1試合廣田 瑞人(日本/GUTS...

【戦極-第4陣-】ピーター・グラハム vs モイス・リンボン【ヘビー級】

sengoku4_PeterGraham_vs_MoiseRimbon.jpg
2008/08/24
戦極~第4陣~
第2試合
ヘビー級5分3R
埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Peter Graham vs. Moise Rimbon

この試合の2日前に入籍をしたばかりの金髪深紺トランクスのグラハムと黒トランクスのリンボンのヘビー級のワンマッチの模様です。

▼ヘビー級 5分3Rピーター・グラハム(オーストラリア/A・Eファクトリー/111.1kg) モイス・リンボン(フランス/ヨーロッパトップチー/95.9kg) 11:59▼韓国解説同試合1:42...

【IFL】あえてこの時期に・・・シュルツを紹介【初代ライト級王座決定戦】

IFLchampionsship_RyanSchultz_vs_ChrisHorodecki.jpg
2007/12/29
IFL World Grand Prix Finals
メインイベント
ライト級チャンピオンズシップ
5分5R
アメリカ・コネチカット州アンカスビル・モヒガンサンカジノ
Ryan Schultz vs. Chris Horodecki

戦極-第五陣-の、ゴー・トゥー・五味として行われる戦極ライト級グランプリシリーズ2008年に日本初上陸し廣田瑞人と闘うライアン・シュルツの映像をあえてこのオリンピックに沸く、そして久しぶりの更新で紹介しますw

赤トランクスがライアン・シュルツ、白トランクスがクリス・ホロデッキーです。

2006年4月に「世界初のチーム対抗による総合格闘技リーグInternational Fight League通称IFL」としてMMAチーム対抗戦が、世界各国から12のMMAチームを集め始まりました。

同日、同興行でおよそ1年8か月に渡り行われたそのチーム対抗戦が決勝を迎えました。

この試合は、その中でメインイベントに行われ新制定されたIFL世界ライト級王座決定戦の模様です。

シュルツはチーム・クエストに所属し、レスリングをベースにする選手です。

この試合までのMMA戦績は17勝9敗1分、IFL戦績4勝2敗で過去にIFLでこの試合で対戦するホロデッキーTKO負けを喫しています。

タックルを起点に、グランドでトップを取ってからの試合展開を得意とするグラップラータイプの選手です。

ホロデッキーは、IFLのワンダーボーイと異名で人気があり、メインイベントにも組まれたこの試合・このタイトル制定は彼の為に作られたと言っても過言ではありませんでした。
(あえて過去形にしますw)

この試合までのMMA戦績は11戦全勝(6(T)KO)、IFL7連勝と卓越した打撃を武器に完全なる試合結果を残してきています。

グラップラーとストライカーの対決はどのような結果になるのか!?

この結果は関係なく、この試合後DREAMライト級GP、戦極ライト級GPにもエントリー希望選手に名を連ねる注目の両選手です★
 3:12...

【UFC87】ジョルジュ・サンピエール vs ジョン・フィッチ【ウェルター級チャンピオンズシップ】

UFC87_GeorgesStPierre_vs_JonFitch1.jpg
2008/08/09 UFC87
SEEK and DESTROY
ウェルター級
チャンピオンズシップ 5分5R
アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス・ターゲットセンター
Georges St-Pierre vs Jon Fitch

同暫定王者と統一戦で勝利し正王者となって初防衛戦となるジョルジュ・;サンピエールと満を時してUFC8戦全勝で同タイトル挑戦権を得たジョン・フィッチのウェルター級チャンピオンズシップの模様です。

王者サンピエールは極真空手、柔術、レスリングなどトータルに極めた選手で、この試合は「暫定」が取れた正規王者として初防衛戦となる試合です。
同王座返り咲いてから)

ジョン・フィッチはレスリング、デイブ・カマリロの元でカマリロ柔術を習い(紫帯)それらをベースにする選手で、その後MMAではゲーリー・グッドリッチ、マーク・コールマン等とトレーニングをしスキルアップをしてきました。

基本グラップリングを得意とする選手でこの試合までのMMA戦績は17勝2敗、15連勝中で組んで膝も得意とする選手です。


▼UFC世界ウェルター級チャンピオンズシップ 5分5R>ジョルジュ・サンピエール(カナダ)ジョン・フィッチ(米国) 35:23...

【UFC87】ブロック・レスナー vs ヒース・ヒーリング【ヘビー級】

UFC87weightin_LesnarHerring.jpg
2008/08/09 UFC87
SEEK and DESTROY
ヘビー級 5分3R
アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス・ターゲットセンター分3R
Brock Lesnar vs Heath Herring

MMA&UFC復帰戦となるブロック・レスナーとUFC2勝2敗と五分戦績で連勝を狙うヒーリングのヘビー級の注目の一戦です。

取り急ぎうp
▼ヘビー級 5分3R>ブロック・レスナー(米国)ヒース・ヒーリング(米国) 24:01...

【UFC87】ロジャー・フエルタ vs ケニー・フロリアン【ライト級】

UFC87 フロリアン vs フエルタ
2008/08/09 UFC87
SEEK and DESTROY
ライト級 5分3R
アメリカ・ミネソタ州ミネアポリス・ターゲットセンター分3R
Roger Huerta vs Kenny Florian

フエルタは同ブログ応援選手の一人なのでうpします。

UFC6戦全勝MMA16連勝中のフエルタとUFC同級タイトルマッチで以前ショーン・シャークに敗れて以来4連勝中のフロリアンの一戦です。

次期タイトル挑戦権獲得試合とも言える両選手にとって大事な一戦です。


▼ライト級 5分3Rロジャー・フエルタ(米国)ケニー・フロリアン(米国) 22:30...

【WEC35】ライト級チャンピオンズシップ

JamieVarner_vs_MarcusHicks.jpg
2008/08/03
WEC 35
WEC世界ライト級チャンピオンズシップ
5分5R
アメリカ・ネバダ州ラスベガス:ハードロック・ホテル&カジノ
Jamie Varner vs. Marcus Hicks

同王者ジャミー・バーナーとマーカス・ヒックスの-70kgWEC世界ライト級タイトルマッチです。

この階級はUFCと被ってしまう階級なので、2つのイベントを運営するズッファ社が選手起用に悩ますところではないでしょうか。

ジャミーは初防衛戦UFCへの参戦はあったもののWEC2戦目にしてタイトル挑戦&奪取となりました。

レスリングとボクシングをベースにする選手です。

ヒックスはMMA8戦全勝、WEC3連続一本勝ちでこの挑戦権を得た32歳。

2002年デビューで、2007年から本格的にMMA主導になったようです。

ボクシングをベースにする選手でNAGAアマチュアゴールデングローブのタイトルを獲った実績があります。
WEC世界ライト級タイトルマッチ 5分5Rジャミー・バーナー(米国/王者)マーカス・ヒックス(米国/挑戦者)5:56...

【WEC35】カーロス・コンディット vs 三浦広光【ウェルター級チャンピオンズシップ】

コンディット vs 三浦
2008/08/03
WEC 35
メインイベント
WEC世界ウェルター級チャンピオンズシップ
5分5R
アメリカ・ネバダ州ラスベガス:ハードロック・ホテル&カジノ
Carlos Condit vs. Hiromitsu Miura

同タイトル3度目の防衛戦となる王者カーロス・コンディットと日本の「ラストサムライ」とアメリカでのニックネームがある挑戦者 三浦広光のウェルター級チャンピオンズシップの模様です。

日本では時期こそ違えどパンクラスへ参戦した事もある両者の闘いです。

王者コンディットはレスリング、キックボクシング、ブラジリアン柔術をベースにする選手で組んでからの膝蹴りを基点にチョーク系を得意とする選手で、この試合が3度目の防衛戦となります。

キックではアンディ・サワーとも対戦した実績があり、この試合までのMMA戦績は22勝4敗、WECレコードは4戦全勝4連続一本勝ち中の若武者24歳。

とにかく層の薄いという中量級でその強さを発揮しています。

三浦は柔道、サンボをベースにするグラップラータイプでコンバットレスリングでも優勝経験のある腰の強い選手です。

年齢は26歳、日本ではパンクラスにも参戦、パンクラスMEGATON-TOKINに所属していた事もあり、日本ではお馴染みの選手です。

現在はSAMURAI SWORD所属でWECを主戦場としています。

この試合までのMMA戦績は9勝4敗でうち6つがパウンドによる(T)KO勝ちとテイクダウンしてからトップの攻撃を得意とする選手です。

WECレコードは2章1敗、で2つのど派手な連続2試合KO勝利でこの挑戦権を獲得、それと同時に多くのアメリカMMAファンの心を掴み、そしてラストサムライの愛称で親しまれています。

かと思えば、ムエタイにも参戦話があるほど、スタンドでの打撃も要注目です。

▼WEC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5Rカーロス・コンディット(米国/王者)三浦広光(日本/SAMURAI SWORD/挑戦者)11:0415:04...

【ELITE XC】ジェイク・シールズ vs ニック・トンプソン【ウェルター級王座決定戦】

exc_JakeShields_vs_NickThompson.jpg
2008/07/26
EliteXC
-Saturday Night Fights-
EXCウェルター級王座決定戦
5分5R
アメリカ・カリフォルニア州 ストックトン・アリーナ
Jake Shields vs Nick Thompson

EXC連勝で3戦目のジェイク・シールズとEXC初参戦で過去のMMA戦績が加味されいきなり同タイトル挑戦権を得たニック・トンプソンの新たに制定されたELITE XCウェルター級王座決定戦の模様です。

シールズは第6代修斗世界ミドル級王者、ランブル・オンザ・ロックのウェルター級GP覇者と世界で有名なMMA王者になっている実力者です。

2004年12月に日本で修斗王座を菊地昭に奪われてから9連勝中で、レスリングベースにした押し込み、そしてその後の極めの強さを見せつけています。

この試合までのMMA戦績は20勝4敗1分で連敗はなし、3つの(T)KO、7つの1本勝ちをしています。

トンプソンは一世を風靡する予定で話題だけを残し消滅してしまったbodogFIGHTウェルター級王者で、第1回DREAMライト級GPで名を馳せたエディ・アルバレスにこの時点で唯一黒星を付けた選手です。

MMA40戦を越すキャリアを持ち同年6月には戦極第3陣に参戦し、詰めのうまさを証明しています。

この試合まで12連勝中で、内5つの(T)KOと6つの一本勝ちをしており、トータルバランスの取れた選手です。
▼ELITE XCウェルター級王座決定戦 5分5Rジェイク・シールズ(米国) ニック・トンプソン(米国) 3:44...

トップページ >> 2008年08月






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。