スポンサーサイト

【DREAM.2】ゼルグ・“弁慶”・ガレシック vs マゴメド・スルタンアクメドフ 【ミドル級GP開幕戦】

DREAM2ZelgGalesic_vs_MagomedSultanakhmedov.jpg
2008/04/29 DREAM.2 ミドル級GP 2008 開幕戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Zelg Galesic vs Magomed Sultanakhmedov

ミルコ・クロコップのスパーリングパートナーも務める弁慶とロシアン・ネオエンペラーと紹介され元エメリヤエンコ・ヒョードルの師匠ヴォルク・ハンから同GPへ送り込まれたスルタンアクメドフのDREAMミドル級の一戦です。

オーソドックスの弁慶、サウスポーのスルタンアクメドフ。

両者共に打撃を得意とする選手で、まずは打撃から始まる展開に注目ですが…

▼煽りPV3試合分・マゴメド・スルタンアクメドフ&ゼルグ"弁慶"ガレシック・ホナウド・ジャカレイ&イアン・マーフィー・田村潔司&船木誠勝  10:24▼試合 5:09●弁慶ガレシックvs金 泰泳の一戦はコチラ...

【DREAM.2】ホナウド・ジャカレイ vs イアン・マーフィー【ミドル級GP開幕戦】

DREAM2RonaldoJacare_vs_IanMurphy.jpg
2008/04/29 DREAM.2 ミドル級GP 2008 開幕戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Ronaldo Jacare vs Ian Murphy

グラップリングが好きな人へお薦めの一戦となりました。

ミドル級GP1回戦に行われたホナウド・ジャカレイと直前オファーで総合初参戦でいきなりGP参戦のイアン・マーフィーの一戦です。

この試合は元々ジャカレイの対戦相手として、フランク・トリッグと公式発表されていましたが、まずジャカレイのトレーニングパートナーだったトリッグと試合が行われるのか?という疑問がありました。

その後、この大会トリッグが1週間を切った時点で、契約書にサインをしていない事を明かし、結局トリッグと契約金での折り合いがつかず大会直前に一方的にトリッグサイドから契約破棄の連絡があったとの発表がありました。

うーん、格闘技大連立として格闘技イベントのプロが集まっていると言われていますが、悪い部分までは引きずらないで欲しいですね。

双方の良い部分を合わせて、ファンを裏切らないイベント作りをして欲しいと思います。



さて、気を取り直してどうぞ!

▼煽りPV3試合分・マゴメド・スルタンアクメドフ&ゼルグ"弁慶"ガレシック・ホナウド・ジャカレイ&イアン・マーフィー・田村潔司&船木誠勝  10:24▼試合 6:17●ジャカレイのMMAを含む他の試合は コチラ より...

【DREAM.2/煽りPV追加】桜庭和志 vs. アンドリュース・ナカハラ【ミドル級GP開幕戦】

DREAM2Sakuraba_vs_AndrewsNakahara.jpg
2008/04/29 DREAM.2 ミドル級GP 2008 開幕戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Kazushi Sakuraba vs Andrews Nakahara

同興行メインイベントに組まれたミドル級GP1回戦の桜庭と初総合格闘技参戦アンドリュースの一戦です。

取り急ぎうpします。

▼煽りPV+選手入場まで 8:48▼試合 8:55...

【DREAM.2/入場シーン追加】船木誠勝 vs 田村潔司【ミドル級GP開幕戦】

田村vs船木
2008/04/29 DREAM.2 ミドル級GP 2008 開幕戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Kiyoshi Tamura vs Masakatsu Funaki

UWFという同じ畑を耕した39歳となった船木と学年は一つ下で38歳田村の時を超えた一戦。

Uオールドファンにはたまらない一戦となったでしょうか!

現時点で世界のMMAレベルと比べてしまうと色々と意見がでそうですが、両者の思いからくる意地は拳と蹴りから垣間見えた気がする試合です。

「世界最高峰」というカテゴリではなく、一つの男通しの闘いとして観戦して欲しい一戦です。

両者入場シーンからどうぞ!


 10:08...

【DREAM.2/煽りPV追加】デニス・カーン vs ゲガール・ムサシ【ミドル級GP開幕戦】

DREAM2_DenisKang_vs_GegardMousasi.jpg
2008/04/29 DREAM.2 ミドル級GP 2008 開幕戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Denis Kang vs Gegard Mousasi

立って良し寝て良し、スピードもありパワーもあるというデニス・カーンとレッド・デビルインターナショナルにも所属し今回エメリヤエンコ・ヒョードルともトレーニングを積んできたゲガール・ムサシのミドル級GP1回戦の模様です。

ミスなのかそれとも想定の範囲内なのか…

フィニッシュは突然やってきますので、集中して観戦してみてください。



▼煽りPV 2:13 4:56...

【DREAM.2】青木真也 vs JZカルバン【ライト級GP1回戦】

DREAM2_aoki_vs_calvan.jpg
2008/04/29 DREAM.2 ライト級GP1回戦 1R10分2R5分 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Shinya Aoki vs JZ Calvan

DREAMの旗揚げ興行でメインイベントに組まれたこのカードは、没収試合となり勝敗つかずの結果となりました。

今興行では第1試合に組まれたDREAMライト級GP1回戦の青木真也とJZカルバンの一戦です。

この大会ではミドル級GPが組まれていて、この後の興行に熱をいれる激闘となりました。

▼1Round~ 9:43▼1Round残り1分過ぎ~  9:40 ...

【K-1】2008 ヨーロッパGP準決勝 2試合【アムステルダム】

K108_amsterdam2LOG.jpg
2008/04/26 K-1 World GP 2008 IN AMSTERDAM EURPPE GP FINAL 準決勝 K-1ルール3分3R延長1R オランダ・アムステルダム・アリーナ

2008年K-1ヨーロッパ大会ワンデートーナメントの同日2戦目となる準決勝の模様です。

ワンデートーナメントについてオフィシャルルールでは、勝った選手が負傷した場合は、その試合の対戦相手にまずトーナメントに優先権が与えられます。

しかし、KO負けだった場合はリザーバー勝者へ権利が移行します。

という事でGP準決勝第1試合に出場のブライアン・ダウヴィスはケマイヨは負傷のため参戦権を得ました。

そのケイマヨと対戦したモロサヌはKO負けのため権利ありませんでした。

1試合を消化した選手通しで、怪我の蓄積、スタミナ面でもだいぶ実力以外の部分で試合展開が変わってきていて、拮抗した展開になっています。


キーワード:Zabit Samedov 、 Brian Douwes、Errol Zimmerman vs. Björn Bregy 、Bjorn Bregy
22:09GP準決勝 第1試合赤:ブライアン・ダウヴィス(オランダ/トップチームヴィヴァレック)青:ザビット・サメドフ (ベラルーシ/チヌックジム)16:56GP準決勝 第2試合赤:ビヨン・ブレギー(スイス/マイクスジム)青:エロール・ジマーマン (オランダ/ゴールデン・グローリージム)...

【K-1】2008 ヨーロッパGP準々決勝 4試合+リザーブマッチ【アムステルダム】

K108_amsterdam1logo.jpg
2008/04/26 K-1 World GP 2008 IN AMSTERDAM EURPPE GP FINAL 準々決勝 K-1ルール3分3R延長1R オランダ・アムステルダム・アリーナ

セーム・シュルトの連覇を阻止すべく?開幕した8名オによるヨーロッパGPワンデートナメンとの1回戦(準々決勝)の模様全4試合とリザーブマッチです。

ヨーロッパ勢は実績枠で予選免除される選手も多数いる為か、9カ国からリザーバーを含む10名のノミネートによるGPとなりました。

観客はオフィシャルサイト発表によると2万人という大盛況でした。

この1回戦は実力差がはっきり分かれた試合が多いので、KO決着好きには見ごたえのある試合が並びましたのでじっくり観戦してみてください。


キーワード:Zabit Samedov 、 Doug Viney 、Errol Zimmerman 、 Bjorn Bregy 、Bjorn Bregy 、 Jan 'The Giant' Nortje 、Freddy Kemayo 、 Catalin Morosanu
▼ヨーロッパGP:1回戦(準々決勝)全5試合K-1ルール3分3R延長1R15:59GP準々決勝 第1試合赤:ダグ・ヴィニー(ニュージーランド/レイ・セフォーファイトアカデミー)青:ザビット・サメドフ (ベラルーシ/チヌックジム) 5:09GP準々決勝 第2試合赤:フレディ・ケマイヨ(フランス/ファウコンジム)青:カタリン・モロサヌ (ルーマニア/ローカルコンバットチーム)Errol Zimmerman Vs. Attila KaracsGP準々決勝 第3試合赤:...

【CAGE FORCE】ウィッキー聡生 vs キム・ジョンマン【フェザー級T1回戦】

CAGEFORCE_Akiyo_wicky_vs_KimJongMan.jpg
2008/02/11 CAGE FORCE EX-eastern bound-メインイベント ケージフォース初代フェザー級(-65.77㎏)トーナメント1回戦5分3R 東京・ディッファ有明
MMA Akiyo 'wicky' Nishiura vs Kim Jong Man

初代CAGE FORCEフェザー級トーナメント王者を決めるべく行われたウィッキー聡生とキム・ジョンマンのトーナメント初戦の模様です。

桃色頭・桃色トランクスがウィッキー、白トランクスがキム・ジョンマンです。

ウィッキーはシューティングジム横浜所属の選手で、2007年6月に修斗で世界ランキング9位にランキングされていたライト級(-65kg)からウェルター級に転向しました。

ライト級では2004年にアマ修全日本選手権ライト級 3位に入賞しプロへ昇格、2006年新人王MVPとなりクラスAへ昇格している修斗と喧嘩?をバックボーンにしたトリッキーな選手です。

ジョンマンはこの試合までのMMA戦績は3勝2敗2分ですが、今成正和をいま一歩の所まで追い込み、前田吉朗と引き分け、そして修斗ライト級世界ランカーの日沖発に勝利した事で、日本での知名度を上げました。

大振りながらも強烈なフック、そしてトップポジションからのパウンドも威力十分、何よりも足腰の強さが魅力の選手と言えます。

どちらの選手も一発で仕留める力を持っているだけに目の離せない試合となりました。

最後は電光石火のKO決着!!!


 5:42●今成正和vsキム・ジョンマン戦はコチラ■選手戦績リンク:SHERDOG/ウィッキー聡生、キム・ジョンマン...

【UFC83】リッチ・フランクリン vs トラビス・ルター【ミドル級】

UFC83_RichFranklin_vs_TravisLutter.jpg
2008/04/19 UFC 83 -George Matt Serra vs St-Pierre2 ミドル級 5分3R  カナダ・ケベック州モントリオール・ベルセンター
Rich Franklin vs Travis Lutter

同興行セミファイナルに行われたピンク黒トランクスの同級前王者リッチ・フランクリンと黒トランクスのトラビス・ルターの一戦です。

両者ともにUFCミドル級のトップコンテンダーで人気選手ですが、現同級王者のアンデウソン・シウバに敗戦し、勢いを止められてしまい王座から一歩退いた位置にいる選手です。

フランクリンはUFCミドル級の前王者です。
と、いっても2006年10月にアンデウソン・シウバによって牙城を崩され王座陥落、その間同王者が防衛をし続けているので「前」という肩書きです。

そして、この試合の前の試合が、立場を入れ替え王者アンデウソン・シウバにUFCチャンピオンズシップに挑戦でしたが、又も膝により敗北し、絶対王者と言われていた頃が懐かしく思えます。

この試合は復帰戦となり、今後再度王座へ昇る為には、非常に重要な試合といえます。

ルターは元々UFC参戦をしていましたが、米国内放送の人気リアル格闘技番組ジ・アルティメット・ファイターのシーズン4(TUF4)でミドル級トーナメントを圧倒的な強さで優勝し、再度UFC本戦への出場が認められました。

ブラジリアン柔術黒帯の選手でとにかく極めに強い選手で、TUF4後いきなりアンデウソンの持つタイトル挑戦権が与えられたほどです。
(この試合の前の試合です。)

しかし、減量を失敗してしまいノンタイトルに変更、調整失敗のせい?か、運命のいたずらか最後はタップアウトという衝撃の結末で敗戦してしまいました。

この試合は復帰戦です。

フランクリン同様今後UFCで生き残っていく為には大事な試合と言えます。

逆転ありーの!スタミナ消耗に付け加え、魂の篭った見所満載の試合です。

キーワード:トラヴィス・ルター
9:50...

【UFC83】マット・セラ vs ジョルジュ・サンピエール【ウェルター級王座統一戦】

UFC83_serra_vs_gsp2.jpg
2008/04/19 UFC 83 -George Matt Serra vs St-Pierre2 ウェルター級チャンピオンズシップ5分5R  カナダ・ケベック州モントリオール・ベルセンター
George Matt Serra vs Georges St. Pierre

左上は試合のみ、左下は前フリが長いですが韓国内放送ファイルで煽りPV込みです。

同興行メインイベントに行われた王者マット・セラと同級暫定王座のジョルジュ・サンピエールのUFCウェルター級統一戦です。

両者似ている風貌なので見失わないでくださいw
15:00 ▼予備ファイル 38:04---------※※※--------------別ファイルでの再生です。専用閲覧プレイヤーのインストールを手順に従って行ってから閲覧してください。...

【修斗】上田将勝 vs. 岡嵜康悦【フェザー級王座決定戦】

08328_ueda_vs_ikazaki.jpg
2008/03/28 プロフェッショナル修斗 CACK TO OUR ROOTS 08 修斗世界フェザー級王座決定戦 5分3R 東京・後楽園ホール
Masakatsu Ueda vs. Koetsu Okazaki

青トランクス修斗世界フェザー級10位の上田と白トランクス同級3位の岡嵜の空位である修斗世界フェザー級王座決定戦の模様です。

上田は京都関西出身ですがパラエストラ東京所属、岡嵜はこの試合から無所属になっていますが、それまではセコンドにも着いている三島☆ド根性ノ助の大阪総合格闘技道場コブラ会でスキルアップをした選手で、東西対決となりました。

前王者の外薗晶敏が同郷大阪の岡嵜にすべてを託したコメントを残し、無敗のまま同タイトルを返上しました。

この試合は両者共に無敗で、上田はこの試合までの修斗戦績は7勝1分アマ修でも無敗で2006年フェザー級の新人王というとてつもないレコードの持ち主、岡嵜はこの試合まで修斗戦績5勝1分で2004年フェザー級新人王という似た戦歴を残しており、交わるべくして交わった2本の道と言えます。

上田は国士舘大学レスリング部出身で、レスリングでは山本KID徳郁とライバルと言われ五分の戦歴を残した1977年生まれの30歳でサウスポースタイルです。

そして中井祐樹先生の弟子とくれば、どれだけグラップリングスキルがあるか想像してください。

ここ数試合を観てみると、そのグランド勝負になる前、ハイキックも基点に多用しており打撃スキルの向上も伺えトータルバランスのよさが分かります。

無尽蔵のスタミナにも注目。

岡嵜はそれに対抗すべく、ファイル内でも触れられていますが、「大阪アライアンス」とも言うべく連合セコンド陣とのここまでのトレーニングでしょう。

同階級の外薗晶敏、一階級上の三島☆ド根性ノ助、中蔵隆志らすごいメンバーがついています。

トータルバランスの良い選手達とスキルアップをしてきたと思われる岡嵜は打撃が得意の選手です。
▼世界フェザー級チャンピオン決定戦 5分3R上田将勝(パラエストラ東京/同級世界10位&環太平洋7位)  versus      岡嵜康悦(総合格闘技コブラ会/同級世界3位&環太平洋同級1位) 9:52 (1R~) 9:06 (2R 3:51~)...

【修斗】田村彰敏 vs 門脇英基【ライト級チャンピオンズシップ】

08328shootorightclass.jpg
2008/03/28 プロフェッショナル修斗 CACK TO OUR ROOTS 08 修斗世界ライト級チャンピオンズシップ 5分3R 東京・後楽園ホール
Akitoshi Tamura vs. Hideki Kadowaki

修斗世界ライト級王者の田村彰敏と同級世界3位の門脇英基の修斗世界ライト級チャンピオンズシップの模様です。

解説にはこの田村へベルトを渡した前王者のリオン武が努め、見所聞き所満載のファイルとなっています。

田村は環太平洋王座を手にしたまま2007年5月にシューティングジム横浜ライト級の大将リオン武を自分のペースに持ち込みフルマークで同タイトルを奪取し第6代修斗世界ライト級王者となり修斗の歴史で初めて2冠同時奪取に成功しました。

その後、規定に基づき環太平洋は返上し、この試合は世界タイトル初防衛戦となりました。

独特なスタンティングスタイルで、ミャンマー・ラウェイの公式試合でも日本人初の勝利も手にしている選手で、グランドでの適応力もあるオールラウンダーな王者です。

門脇はこの試合の前の試合時点では世界ランク外でしたが、当時世界ライト級3位だった佐藤ルミナに大きなアップセットを果たし、再ランクインでいきなり同級3位になり世界タイトル挑戦権が廻ってきました。

特にグランドを得意とし、チョーク技「門脇スペシャル」と自身が命名?した必殺技でグラップリングマッチでも多くの勝利を上げています。

この試合までの修斗戦績は11勝6敗1分といわゆる格闘技のサラブレッドとは違い苦労人です。

同チャンピオンズシップが決定した時の最初のコメントは1月の修斗興行内リング上で行われ、以下のような会場から笑いを誘うコメントを残しています。

「驚きです。(前回の佐藤ルミナ戦が評価されたと思いますか?の質問に)僕にはわかりません。」
とマイペースな声?返答で会場から笑いを誘いました。

両者は、2005年3月に一度対戦したことがあり、門脇が判定勝利しており、これについて質問もされましたが、

「最近田村選手は結婚したらしいのでうらやましい限りです(苦笑)。ベルトを取る覚悟でいきます」

とマタマタ門脇教祖前回のコメントで会場に笑いを振りまきましたw
▼世界ライト級チャンピオンシップ 5分3R>[王 者]田村彰敏(総合格闘技津田沼道場)      versus[挑戦者]門脇英基(同級世界3位/和術慧舟會東京本部) 6:08(1Round) 6:57(2Round~) 5:40(3Round残り4:18~)-----------関連リンク集--------------●門脇vs佐藤ルミナ戦はコチラ●田村vsリオン戦、チャンピオンズシップの模様はコチラ●田村、ラウェイ参戦時の模様はコチラ...

【K-1 MAX】HIROYA vs. 藤鬥嘩裟(オフィシャルブログリンク付)【60kg契約】

080409HIROYA_vs_TsukasaFuji.jpg
2008/04/09 K-1 WORLD YOUTH特別試合 K-1WORLD YOUTHルール 3分3R 広島・立総合体育館(広島グリーンアリーナ)

同興行WORLDMAX 2008 FINAL 16にK-1YOUTH(U-20対象)特別試合としえ行われた16歳のHIROYAと中学を卒業したばかりの15歳、藤鬥嘩裟(ふじ つかさ)の60㎏契約の模様です。

魔裟斗に憧れた同世代2人の対決という事で、舌戦から煽られた試合です。

この試合は当初、2007年大みそかDynamite!!で開催されたK-1甲子園1回戦で行われる予定でしたが、藤が中学生であることと、労働基準監督署への申請が間に合わないことなどから試合が中止となり、早期の対決を期待されており、晴れて中学を卒業した4月のこの大会に実現しました。

HIROYAは60㎏、藤は55.5㎏。
体格差は関係なしという藤。
(藤スペックについてはWIKIPEDIAを参照)

とにもかくにも裏メインと証された若き2人の闘いから目を離すな!!
▼K-1 WORLD YOUTH 2008 特別試合 3分3RHIROYA(日本/フリー)藤鬥嘩裟(日本/藤ジム) 9:59■選手オフィシャルブログリンク:藤鬥嘩裟...

【K-1 2008】マイティ・モー vs 前田慶次郎【ヘビー級】

08WGP0413MightyMo_vs_KeijiroMaeda.jpg
2008/04/13 K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA ヘビー級 3分3R(最大延長2R) 神奈川・横浜アリーナ
Mighty Mo vs. Keijiro Maeda

2007年ワンデートーナメントも含め総合格闘技、K-1ルールと9試合を闘ったマイティ・モーと2008年1月から「強太郎レンジャー」から現リングネームに改名した前田慶次郎の一戦です。

モーは2007年闘い過ぎではないのか?とも取れるフル稼働をしました。

2007年6月にはスーパーヘビー級のタイトルにも挑戦しましたが敗戦。

この試合までのK-1戦績はその知名度とは裏腹に4連敗中です。

慶次郎は以前、色の付かないレンジャーが最強と言う事で「強太郎レンジャー」というリングネームでしたが、「強太郎」が付いては色レンジャーと一緒では?という事も含め08年1月に師匠である前田憲作の「前田」と漫画で有名な花の慶次(歴史上の人物)の「前田」から名前を取り改名しました。

若干21歳にしてK-1参戦、この試合までキック&K-1戦績は9戦無敗です。

▼ヘビー級 3分3R(最大延長2R)マイティ・モー(米国/フリー/133.1kg)前田慶次郎(日本/チームドラゴン/93.8kg) 7:08(1R~2R) 9:53(3R~)...

【K-1 2008】野田 貢 vs. ピーター・ボンドラチェック【ヘビー級/YOHOHAMA】

08WGP0413_PetrVondracek_vs_MitsuguNoda.jpg
2008/04/13 K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA ヘビー級 3分3R(最大延長2R) 神奈川・横浜アリーナ
Mitsugu Noda vs. Petr Vondracek

相撲と空手をバックボーンに持つ日本の野田貢とキックボクシングをベースにするチェコ出身のピーター・ボンドラチェックの一戦です。

野田は1980年生まれの27歳。

K-1でこの試合までシリル・アビディ、ノエル・カデットから白星を挙げ2連勝中で、それまでは日本で開催されたK-1GP大会のオープニングマッチでK-1の実践を積んできていた選手です。

ボンドラチェックはパンチ主体で喧嘩の如く攻撃的なファイトスタイルでシリル・アビディ2世と言われていた事もありましたが…。

2002年にK-1地区予選イタリア大会を優勝したものの、その後は負けが嵩みこの試合までのK-1では5連敗中で2004年からの定期参戦ではわずか1勝しかしていません。
(1勝8敗1分)

いうなれば金魚をあてがわれた野田、完勝できるのか!

野田がスターになるのには勝ちっぷりが要求される試合となりました。
▼ヘビー級 3分3R(最大延長2R)ピーター・ボンドラチェック(チェコ/バカルディジム112.1kg)野田 貢(日本/シルバーアックス/100.0kg) 9:43...

【K-1 2008】セーム・シュルト vs マーク・ハント【スーパーヘビー級タイトルマッチ】

2008スーパーヘビー級タイトルマッチ
2008/04/13 K-1 WORLD GP 2008 IN YOKOHAMA K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ 3分3R(最大延長2R) 神奈川・横浜アリーナ
Semmy Schilt vs Mark Hunt

2回目の防衛戦となる同級王者セーム・シュルトと2003年5月からおよそ5年ぶりのK-1参戦となるマーク・ハントのスーパーヘビー級タイトルマッチの模様です。

王者シュルトは2005年から史上初となるK-1WGP3連覇を成し遂げ、GPとは別に2007年3月に制定されたスーパーヘビー級のタイトルも奪取し、「K-1最凶王者」として敵なしの強さを見せつけています。

2005年のGP初制覇後、同年に2度敗北を喫していますが、GPでシュルトのあまりの強さに当時適応されていた掴んでの膝がGP直後禁止となり、ルールに戸惑っての敗北と言っても過言ではない敗戦となっていました。

歴代WGP王者のアーネスト・ホースト、ピーター・アーツ、レミー・ボンヤスキーをも一蹴し、残るは今回対戦する…

絶対王者に挑戦するのは…

挑戦者マーク・ハントは2001年当時、首が太く打たれ強い事で、「ダウンをした事がない選手」という触れ込みで彗星の如く現れ、2001WGPの優勝を手にしました。

2001年も3連敗、その連敗にはその後のハントの運命を大きく左右する試合もありました。

敗者復活戦準決勝で一度は負け、相手選手の負傷による勝ち上がりでその後世界大会地区予選を優勝し本戦出場を獲得しました。

「運も実力の内」そんな言葉が特にしっくりくるテクニックより豪腕一発で仕留める試合が終わるまで何が起こるか分からない武器を持った選手です。

▼K-1スーパーヘビー級タイトルマッチ 3分3R(最大延長2R)セーム・シュルト(オランダ/正道会館/137.4kg)マーク・ハント(ニュージーランド/オシアナ・スーパーファイタージム/125.1kg) 6:26...

【K-1 MAX】カラコダ表記について特筆…WORLD MAX 2008 FINAL16 【後半4試合】

080409_K1max_final16.jpg
2008/04/09 K-1 WORLDMAX 2008 FINAL 16 World Championship Tournament FINAL16:K-1ルール/3分3R延長1R K-1ルール 3分3R延長1R 広島・立総合体育館(広島グリーンアリーナ)

初めて広島で行われたK-1MAX。

そこで行われた16人による2008K-1MAX世界選手権トーナメント日本地上波未オンエア2試合を含む開幕戦、
後半4試合(第5試合~第8試合)の模様です。

------------特筆事項------------

第8試合に登場のカラコダの「ボクシング世界王者」について某掲示板で表記捏造疑惑?が問いただされたのを見ました。

カラコダは2002年第13代IBFインターコンチネンタル ライトミドル級王座に就いています。
日本のK-1オフィシャルには「IBF中量級世界チャンピオン」と曖昧な表記だった為、もうひとつの表記「元IBC79kg級世界チャンピオン」の方が表に出てしまったのでしょうか!?

(防衛0回)日本ボクシングコミッションJBCでは認定されていませんが、IBFは世界王座認定団体のメジャー団体です。

海外K-1オフィシャルサイトよりカラコダプロフィール参照)

IBCについてはタイ無名選手と戦ってJBCランキング、戦歴&勝率を上げるJBC登録選手と同じ位置づけの感じで、無名選手が多く自国ランキング等を上げるのに使われるマイナー団体であるのは事実のようですが…。

日本と海外のオフィシャルサイト表記が微妙に違うのが困る時があります。

ちょっとした事から誤解などを生むK-1、同じ表記にして欲しいものです。

---------------------------------

選手名キーワード:Murat Direkci 、 Yoshihiro Sato、Arthur Kyshenko 、Jordan Tai 、Albert Kraus vs. Buakaw Por. Pramuk 、Masato vs. Virgil Kalakoda
●同トーナメント前半第1試合~4試合はコチラ ▼World Championship Tournament 第5試合佐藤嘉洋(日本/フルキャスト/名古屋JKファクトリー)ムラット・ディレッキー(トルコ/ユニバーサルジム)13:00▼World Championship Tournament 第6試合アルトゥール・キシェンコ(ウクライナ/キャプテン・オデッサ/'07ベスト4)ジョーダン・タイ(ニュージーランド/レイ・セフォー・ファイトアカデミー)18:50▼World Championship Tournament ...

【EliteXC】ポアイ菅沼、アメリカ本土へ殴りこみ!【ライトヘビー級】

PoaiSuganuma_vs_JaredHamman1.jpg
2008/04/05 EliteXC -ShoXC Elite Challenger Series- ライトヘビー級 5分3R アメリカ・カリフォルニア州フリアント・テーブルマウンテンカジノ
Poai Suganuma vs. Jared Hamman

この興行はプロMMA経験の浅い選手達が後半の試合を締めるEliteチャレンジシリーズの6回目を数える興行で、この試合がメイン試合として全11試合中、第5試合目に行われました。

パンクラス第2代ヘビー級王者決定トーナメントに出場し惜しくも決勝では敗れたものの、その勝ち上がる姿からポテンシャルの高さを知らしめたポアイ菅沼と地元カリフォルニア出身の雄、ジャレッド・ハンマンの一戦です。

ポアイはハワイ出身で現在はBJ PENN MMA ACADEMY所属で、レスリングをベースに倒して強烈なパウンドが魅力の選手で、その他グランドで高いグラップリング力を持つ選手です。

2007年にはHERO'Sへ参戦し、当時お笑い芸人のベルナール・アッカと対戦した選手として記憶に残っている人もいるかもしれません。

日本以外で地元ハワイでは2戦闘っていますが、アメリカ本土での闘いはこれが初めてです。

歓声とブーイングの入り混じった試合となりました。

ジャレッドは打撃を得意とするオールラウンダーで、この試合までのMMA戦績10戦全勝8割のKO率を誇る選手です。

4:00参考:PLO ELITE.com、 2...

【K-1 MAX】WORLD MAX 2008 FINAL16 -地上波未オンエアファイル込み【4試合】

080409_K1max_final16_1.jpg
2008/04/09 K-1 WORLDMAX 2008 FINAL 16 World Championship Tournament FINAL16:K-1ルール/3分3R延長1R K-1ルール 3分3R延長1R 広島・立総合体育館(広島グリーンアリーナ)

初めて広島で行われたK-1MAX。

そこで行われた16人による2008K-1MAX世界選手権トーナメント日本地上波未オンエア2試合を含む開幕戦、
前半4試合(第1試合~4試合)の模様です。

地上波を意識したマッチメークのように、知名度の高い選手通し、知名度の薄い選手通しのラインナップとなっています。

英名キーワード:Andy Souwer 、Mike Zambidis、Chi Bin Lim 、 Yasuhiro Kido 、Drago 、 Gori 、Saro Presti 、 Warren Stevelmans

●同トーナメント後半第5試合~8試合はコチラ ▼World Championship Tournament 第1試合ドラゴ(アルメニア/チーム SHOW TIME)GORI (アメリカ/PUREBRED大阪)  8:19(1R~2R) 5:22(ファイナルラウンド)▼World Championship Tournament 第2試合イム・チビン(韓国/KHANジム/アジアT優勝)城戸康裕 (日本/谷山ジム/日本T優勝)  5:23▼World Championship Tournament 第3試合サロ・“ザ・シシリアンドン”プレスティ(イタリ...

【修斗】日沖 発 vs. バレット・ヨシダ【ライト級3回戦】

日沖vsバレット
2008/03/28 プロフェッショナル修斗- BACK TO OUR ROOTS 08- ライト級 3回戦5分3R 東京・後楽園ホール
Hatsu Hioki vs Baret Yoshida

同世界ランキング6位の日沖発と6年ぶりの修斗のリングとなるバレットの一戦です。

日沖は2007年にはプロになって自身初となる連敗を修斗のリングで喫しました。

その後、修斗復帰2戦目で同級世界5位、グランドでの闘いを得意とする戸井田カツヤからグランドで一本勝ちをし、世界ランキングを6位まであげて臨むこの試合です。

世界タイトル獲りを目指すにあたり、ランキング上位には前同級環太平洋王者の佐藤ルミナ、現同級王者のリオン武もランキングされています。

その上位ランカーとの闘いのステップとして絶対落とせない試合となっています。

戦前、修斗・キック・柔術をベースとする打・投・極の回転を得意とする日沖が目の前の敵を貪欲にどこまで仕留められるのか注目が掛かりました。

バレットはファイル内でも紹介のあるように、2002年3月から6年ぶりの修斗のリング、2003年11月以来となる総合のリングです。

ブラジリアン柔術をベースに、アブダビコンバットでは定期的に出場して上位入賞を果たしています。(2007年第7回 ADCCでは66kg未満級 3位)

ここ数年はグラップリングマッチで活躍し、この試合は総合復帰でまず大事な打撃のトレーニング、そしてグランドでのポジショニングなどに注目されました。

エンセン井上がセコンドに着いているので、一応は対応策は練ってきたと思われるのですが…

解説をしているリオンが選手の立場としてとても分かり易いコメントをしているので、耳も凝らして観戦してみてください。

ライト級 5分3R日沖 発(ALIVE/世界6位・環太平洋2位)  versusバレット・ヨシダ(米国/SDアンディスピューテッドジムジム) 5:28...

【選手PV】ヒョードル・セミナー in オランダ

Masterclass_of_FedorEmelianenko_in_the_Netherlands.jpg
2008/03/01 エメリヤーエンコ・ヒョードル・マスタークラス・セミナー オランダ
Emelianenko Fedor , Ernesto Hoost, Remy Bonjasky, Gilbert Yvel, Vadim Finkelstein

オランダで行われたヒョードルセミナーの模様です。

MMAファイターのギルバート・アイブルにK-1戦士のレミー・ボンヤスキー、そして親友のアーネスト・ホーストも交えて行われました。

 3:56...

【コンバットレスリング】五味隆典と木口宜昭会長タッグ戦【エキシビジョンマッチ】

五味&木口会長
2008/03/23 第5回全日本パンクラチオンスタイルレスリング1バウト大会&第14回全日本コンバットレスリング選手権大会 スペシャルエキシビションマッチ 3分 東京・町田市総合体育館

五味隆典は久我山ラスカルジムハワイ出身のウィルとタッグを組み、恩師である木口道場の木口宜昭会長&押田博之コーチとスペシャルエキシビジョンマッチを行った時の模様です。

和やかな雰囲気から厳しさ・激しさも増し、ファンサービスには最高エキシビジョンになっていますね!

この大会に五味は自身が主宰する久我山ラスカルジムの生徒たちの監督として参加、そしてその中でこのエキシビジョンで自身も汗を流しました。

―試合後の五味コメント
「もうちょっとね、あと5分くらいあっても良かったんだけど。打ち合わせを破って、やってやろうと思った時に3分経ってしまいました(笑)木口先生が作ったマットの上で、お客さんの前で試合ができるのはうれしいですし、もちろん(来年も)出ますよ」



 4:44●久我山ラスカルジムで木口会長指導の模様はコチラ...

【修斗】第2代Cage Forceライト級王者が振り返った試合【ウェルター級】

修斗 廣田vs天突
2007/08/06 プロフェッショナル修斗公式戦-SHOOTING DISCO 2~今夜はヒートアップ~- メインイベントウェルター級3回戦 5分3R 東京・新宿FACE
Ganjo Tentsuku vs Mizuto Hirota

修斗世界ウェルター級世界7位(環太平洋3位)の天突頑丈と同級8位(環太4位)の廣田瑞人の修斗ウェルター級3回戦、大会メインイベントの模様です。

廣田は2008年4月5日に第2代CAGE FORCEライト級王者になりました。
その直後に振り返った試合が2試合あり、そのひとつがこの試合、vs天突戦です。

共に打撃を得意とする選手の壮絶な打ち合い…それだけではない魂のぶつかり合いとも言える一戦です。

とにかくトータルで観てください★

両者スペックについては左記参照。


▼1Round~2Round 3分過ぎ 9:20▼2Round 3分過ぎ~ 9:36 -天突頑丈プロフィール-出身:埼玉県上尾市 身長:173 cm 階級:ウェルター級 生年月日:1982.1.8 所属:PUREBRED大宮 この試合までのMMA戦績(修斗のみ):7勝2敗2分-廣田瑞人プロフィール-出身:長崎県諫早市 身長:171 cm 階級:ウェルター級 生年月日:1981.5.5 所属:ガッツマン修斗道場バックボーン:相撲、レスリング、修斗この試合までのMMA戦績:8勝2敗プロ修斗...

【UFC-Fight Night13】マーカス・アウレリオ vs ライアン・ロバーツ【ライト級】

UFN13 アウレリオvsロバーツ
2008/04/02 UFC - Fight Night 13-ライト級5分3R コロラド・ブルームフィールドイベントセンター
Marcus Aurelio vs Ryan Roberts

ブラジリアン柔術をベースにするMMAファイターマーカス・アウレリオ(UFC3戦目/1勝1敗)とレスリングをベースとするライアン・ロバーツのUFCデビュー戦となる一戦です。

これは、「華麗なるフィニッシュ特集ファイル」に収録されてもいいほどの決着となっています。

ロバーツはこの試合までのMMA戦績は、14勝2敗1分で、Fury とBattle Questライト級タイトルと Victoryバンタム級タイトルといったローカルMMAのタイトルを数多く保持した実績?のある選手です。

一度はPRIDEのリングで五味隆典からタップアウトを奪ったアウレリオ、3連敗後34歳にしてそのポテンシャルが爆発した瞬間かもしれません!!!

 1:00...

【UFC-Fight Night 13】クレイ・グイダ vs サミー・スキアヴォ【ライト級】

UFN13 グイダvsスキアヴォ
2008/04/02 UFC - Fight Night 13-ライト級5分3R コロラド・ブルームフィールドイベントセンター
Clay Guida vs Samy Schiavo

UFCライト級トップコンテンダーより一歩引いた位置にいるクレイ・グイダと、そのグイダ越えを一気に果たしUFCでアップセットを起こしたいUFC初参戦のスキアヴォの一戦です。

グイダはレスリングをベースに数多くの米ローカルMMAライト級の王者になった選手です。

荒くれた打撃のファイトスタイル、そしてグランドに引き込んでからはチョーク技を得意とし、人気もある選手ですが、UFCではここ一番で星を取りこぼしてしまっておりUFC3勝3敗と五分の戦績を残しており、新参者との対戦でどこまでそのポテンシャルを引き出せるか注目の一戦となりました。

スキアヴォはフランス出身のMMAファイターで、16歳より格闘技と慣れ親しみ1997年に本格的に総合格闘を始めました。

Cage Warsライト級王者になった実績もあり、この試合までのMMA戦績は10勝4敗で現在6連勝中、オールラウンドに闘え安定してきてからのUFC参戦となりました。




8:47参考:UFC公式/Clay Guida  、 Samy Schiavo...

【M-1】エメリヤーエンコ・アレキサンダー vs シルバオ・サントス【ヘビー級】

アレキサンダーvsシルバオ・サントス
2008/04/03 M-1 Global -Challenge2- メインイベント スーパーファイト ヘビー級5分2R ロシア・サンクトペテルスブルグ・アイスパレス
Alexander "Aleksander "Emelianenko vs Silvao Santos

M-1チャレンジの第2回目の興行となったこの大会、メインイベントに行われた2008年始動のアレキサンダーと2007年にブラジル新興イベントSTORM SAMURAIでデビューをしたばかりのサントスの一戦です。

この興行はチーム・ロシアとチーム日本、チーム・フィンランドとチーム韓国が5試合づつ行われ、そのメインイベントに行われた試合です。

アレクはPRIDE消滅した2007年負け無しの3連勝、実兄のヒョードルがその実力を認めるほど、競技に、そして相手に順応した結果を残しました。

PRID消滅後はオランダ、アルベルタ、地元ロシアと精力的に参戦し、この試合までの戦績を連敗無しの12勝3敗としています。

サントスはシュートボクセ・マカコゴールドジム所属の選手で、ブラジリアン柔術をベースにしている新人選手です。

プロMMAデビュー戦のSTORM SAMURAIはUFCルールで行われ、UFCよりは低めのオクタゴンで肘有でした。

第2戦目は肘無しのリング、「総合格闘技」として同じくくりにされていますが、肘の有無だけでも戦績を左右してしまうほど違う競技です。

新鋭は同じルールで暫く育てて世に出して欲しいと思うのですが、シュートボクセは総大将のヴァンダレイ・シウバが抜けて何か焦っているのでしょうか!?

3:14 参考:MMA WEEKLY 、 M-1mixfight.com...

【日本選手選手】門脇英基インタビュー&トレーニング

門脇英基インタビュー

Hideki Kadowaki

2008年3月28日に後楽園ホールで修斗世界ライト級王者の田村彰敏のベルトに挑戦する前に受けた門脇英基のインタビューです。

これから海外で多くの選手とも闘ってみたいとか…

教祖さまはこれからどこへゆく!

左にインタビューの英語テロップを打ち出しておきます。
ちょっとした英語の勉強などにどうぞw!



プロ修斗ライト級第7代世界チャンピオンになる前のインタビューとなります!






 5:54▼ファイル内テロップ明記▼―インタビュアThank you very much.What is your name?―門脇Kadowaki Hideki.―インタビュアWhere are you from?―門脇Myhometown is Chiba Prefecture.Japan.―インタビュアSo why and when did you come to Tokyo?―門脇The Nagasaki dojo.I came frome the Nagasaki (WK) dojo.Tranceferred here ,bacasially.―インタビュアI see.You live in the Tokyodojo for a while,right?―門脇Year!―インタビ...

トップページ >> 2008年04月






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。