スポンサーサイト

【K-12007】チェ・ホンマン vs マイク・マローン【In HAWAII】

HongManChoi_VS_MikeMalone_K12007.4.28.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII スーパーファイト 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Hong Man Choi vs Mike Malone

韓国の英雄チェ・ホンマンと同大会開催国地元ハワイ出身のマローンのスーパーファイト(同大会第8試合)の一戦です。


Hong Man Choi VS Mike MaloneUploaded by You Tsube 9:35...

【K-12007】パトリック・バリー vs アレキサンダー・ピチュックノフ【In HAWAII】

Pitchkounov_VS_PatrickBarry07.4.28K1.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP準決勝 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Alexander Pitchkounov VS Patrick Barry

両者共に初戦をKOで勝ちあがったアメリカのバリーとロシア出身のピチュクノフの準決勝(同大会第7試合)での模様ですです。


Alexander Pitchkounov VS Patrick BarryUploaded by You Tsube 14:55―パトリック・バリー プロフィール― 出身:アメリカ 身長:180cm 体重:105㎏(公式発表/変動あり) バックボーン:キックボクシング スタイル:オーソドックス タイトル:SKF ナショナルヘビー級チャンピオン、SKF 世界ヘビー級王者戦績:キック/14戦13勝1敗(8KO)K-1/3戦1勝2敗追記:K-1フォータイム王者アーネストのジム所属の秘蔵っ子―ピチュクノフ プ...

【K-12007】マイティ・モー vs ノルキア【In HAWAII】

MightyMo_vs_JanTheGiantNortje07.4.28K1.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP準決勝 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Mighty Mo(Mou Siliga)vs Jan"The GIANT"Nortje

両者共に初戦をKOで勝ちあがったモーとノルキアの一戦(同大会第6試合)の模様ですです。






Mighty Mo vs. Jan "The Giant" NortjeUploaded by BOXEN99 9:49―マイティ・モープロフィール―出身:アメリカ身長:185cm体重:127㎏(公式発表/変動あり)バックボーン:ボクシングスタイル:オーソドックス得意技:ロングフックタイトル:ノースウェストタフマンチャンピオン、U.A.G.F.ヘビー級チャンピオン、K-1 WORLD GP 2004 in Las Vegas 優勝追記:ハワイのタトゥアーティストとして活躍―ノルキア プロフィル―...

【K-12007】澤屋敷純一 vs ランディ・キム【In HAWAII】

sawayashiki_vs_randyKIM07.4.28K1.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII スーパーファイト 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Junichi Sawayashiki vs Randy Kim

日本の澤屋敷と韓国のランディ・キムのスーパーファイトで同大会第5試合での一戦です。

両者ともにK-12戦目の試合です。

澤屋敷はファイル内で何度も触れられているように、同年3月のK-1デビュー戦でジェロム・レ・バンナよりダウンを奪ってフルマーク文句なしの判定勝利をして臨むK-1本戦第2戦目です。

ランディは2006年の大晦日Dynamite!!で武蔵にKO負けを喫してしまっています。砲丸投げ韓国記録保持者、釜山国際大会砲丸投げ優勝、2002年アジア大会砲丸投げ優勝 と畑違いの場ではアスリートとしての実績はありますが、今回どれだけ立ち技競技、K-1へのトレーニングを積んできたかが注目されます。
Junichi Sawayashiki vs. Randy KimUploaded ByBOXEN99 10:20...

【K-12007】アレキサンダー・ピチュクノフ vs 富平辰文【IN HAWAII】

pichkunov_vs_Tomihirak1wgp2007.4.28.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP1回戦 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Alexander pichkunov vs Tatsufumi Tomihira

ロシアの極真世界大会3位、極真ロシア所属のピチュクノフと日本の富平の同大会GP一回戦(準々決勝)同大会第4試合の模様です。
aleks pichkunov vs Tomihira k1 wgp 2007Uploaded ByYou Tsube 13:36...

【K-12007】ゲーリー・グッドリッチ vs パトリック・バリー【IN HAWAII】

goodrich_vs_patorick07.4.28K1HAWAII.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP1回戦 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Gary Boodridge vs Patrick Barry

ゲーリー・グッドリッチとパトリック・バリーの同大会GP一回戦(準々決勝)同大会第3試合の模様です。

日本の実況、解説ですので、耳を傾けて観戦してください★
Gary Goodridge vs Patrick Barry-k1 hawaiUploaded ByYou Tsube 5:10...

【K-12007】ノルキア vs タワーリング・インフェルノ【IN HAWAII】

nortje_vs_towr_K1HAWAII2007.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP1回戦 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Jan"The GIANT"Nortje vs Julius"Towerring Inferno"Long

ヤン"ザ・ジャイアント"ノルキアとジュリアス“タワーリング・インフェルノ”ロングの同大会GP一回戦(準々決勝)同大会第2試合の模様です。




Jan "The Giant" Nortje vs. Julius LongUploaded by BOXEN99 9:27...

【K-12007OF】佐藤 匠 vs ビリー・ホール【IN HAWAII】

200704301403000.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII オープニングファイト 米国GPリザーブファイト 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Takumi Sato vs Billy Hall

同大会オープニングファイトで行われたGPリザーブマッチ第二試合の模様です。
日本の佐藤匠とアメリカのビリー・ホールの一戦です。

佐藤は極真の立ち技イベント「一撃」でも活躍する選手で同K-1では2006年12月に行われたK-1 WORLD GP 2006In TOKYO決勝戦の東京ドーム K-1フレッシュマンファイトでKO勝ちをおさめています。

ホールはアメリカ出身で1974年1月1日生まれの32歳でHMC kickboxing所属の選手です。
アマチュアキックでは11勝2敗1分の戦績を残しています。
 9:51...

【K-12007】マイティ・モー vs キム・ギョンソック【IN HAWAII】

mou_vs_KIM_07.4.28_hawaii.jpg
2007/04//28 K-1 WORLD GP 2007 IN HAWAII 米国GP1回戦 3分3R延長1R 米国ハワイ・ニールブレイズデルアリーナ
Mighty Mo(Mou Siliga)vs Kim Kyoung Suk

アメリカのモーと韓国のギョンソックのワンデートーナメント初戦(準々決勝)で同大会第1試合の模様です。

モーはこの試合の前HIRO'S総合ルールで韓国のキム・ミンスよりKO勝ち、そして何より2007年注目を浴びたのはその試合のおよそ1週間前にK-1ルールで不倒戦士のチェ・ホンマンを一撃サモアンフックでKOした事からでした。

ギョンソックは元韓国シルムの大関で身長は2メートルを越す巨人です。
2006年のK-1ソウル大会にK-1初出場しキム・ミンスにフルマークの判定で負けています。
上段の後ろ回し蹴りなども使い、体系からは予想できない華麗な技を持っています。



 7:26―マイティ・モープロフィール― 出身:アメリカ 身長:185cm 体重:127㎏(公式発表/変動あり) バックボーン:ボクシング スタイル:オーソドックス 得意技:ロングフック タイトル:ノースウェストタフマンチャンピオン、U.A.G.F.ヘビー級チャンピオン、K-1 WORLD GP 2004 in Las Vegas 優勝 戦績:33戦28勝5敗(22KO)、総合格闘技/1戦1勝追記:ハワイのタトゥアーティストとして活躍 ―ギョンソク プロフィール―身長:20...

【ヴァリジャパ99】佐藤ルミナ vs ハファエル・コルデイロ

RuminaSato_vs_RafaelCordeiro_VTJ1999.jpg
1999/12/11 VALE TUDO JAPAN 99 JAPANvsBRAZIL -70kg契約 8分3R東京ベイNKホール
Rumina Sato vs. Rafael Cordeiro

ブラジル最高の戦選手達が来襲し日本vsブラジルの全面対決となった同興行の第一試合に登場した修斗のカリスマ ルミナとシュート・ボクセアカデミーよりノミネートしたコルデイロの一戦です。

ファイル内にもテロップがあり、解説人達からも説明がありますので、耳にも集中して観戦してください!

時を経て、もう一度この興行出場選手達をシャッフルしてカードを組んでもメイン級のカードが出来ますね★

ゆういつこの興行内で行われたグラップリングマッチに登場したシャオリン・ヒベイロは、そのグラップリング技術の高さ、そして強さで多くの人間に衝撃を与えました。
Rumina Sato vs. Rafael CordeiroUploaded by snatchGTT 2:15この興行第二試合からの対戦カードと結果▼第二試合 8分3R 76kg以下契約○加藤鉄史(170cm 75.8kg)×アンジェロ・セウジオ(185cm 75.8kg)▼第三試合 8分3R 70kg以下契約○五味隆典(173cm 69.5kg)×ジョニー・エドゥアウド(176cm 69.5kg)第四試合 8分3R 65kg以下契約△ジョン・ホーキ(165cm 65.0kg)×池田久雄(167cm 64.8kg)▼第五試合 ブラジリアン柔術ルール...

【WBAWBO世界ライト級王座統一戦】アセリノ・フレイタス x フアン・ディアス【煽りPV】

Freitas_vs_Diaz07.4.28PV.jpg

Acelino Freitas x Juan Diaz

2007年4月28日にアメリカ・マサチューセッツ州フォックスウッズレポートカジノで行われたボクシングのWBAとWBOの世界ライト級王座統一戦の煽りPVです。

サンバのリズムと映像がこの試合への注目と興奮を掻き立てるブイとなっています。

WBO世界ライト級王者のフレイタスはブラジル出身で1975年09月21日生まれの31歳の選手です。
この統一戦に挑むまでのプロボクシング戦績は38勝1敗内32KOという軽量級でありながらハードパンチャーな選手です。

およそ一年前に同タイトルを奪取し、今回が初防衛戦です。
(これまでの1年間、2007年2月に暫定王座が制定され現在オーストラリアのマイケル・カットシディスが同級暫定王座に就いています。)

WBO世界J・ライト、ライトとWBAスパーフェザー級王者の3階級タイトルを手にしており、今回はWBOライト級王者として臨みます。

スタイルはオーソドックスでリーチは68cm。

WBAライト級王者のディアスは米国テキサス州出身で1983年09月17日生まれの23歳の選手です。
この統一戦に挑むまでのプロボクシング戦績は31戦全勝内15KOです。

同タイトルを19歳の2004年7月に奪取して以来今回が7度目の防衛戦になります。

防衛戦は5KOと1判定試合という事で、同タイトルを奪取して以降更にその実力をつけている事が伺えます。

スタイルはオーソドックスでリーチは67㎝。
 2:41参考:BOXREC.com...

【UFC46】マット・ヒューズ vs BJペン

UFC46_BJpenn_vs_MattHughes.jpg
2004/01/31 UFC46 Supernatural ウェルター級チャンピオンズシップ 5分5R アメリカ・ネバダ州ラスベガス:マンダレイ・ベイ
Matt Hughes vs B.J. Penn

2007年となっては両者初対決の試合です。

黒トランクス王者マット・ヒューズに白トランクスBJペンが挑む一戦です。

王者ヒューズは2001年12月にカーロス・ニュートンとの壮絶なチャンピオンズを制し同王座を奪取しました。
それから桜井マッハ速人、カーロス・ニュートンとのリマッチそしてフランク・トリッグ等を撃破、5度の防衛を果たしてこの試合は6度目の防衛戦です。

この試合までMMA13連勝中でパウンド・フォー・パウンドの呼び声も高くUFCウェルター級の絶対王者に君臨していました。

BJペンは2001年にUFCでプロMMAデビューしてからこの試合までのMMA戦績は6勝1敗1分とMMAでの試合数としての実績としてはまだまだですが、その勝ち星には修斗ウェルター級の王者だった日本の宇野薫、五味隆典等など-70㎏当時のトップファイターを悉く倒していました。

初めて挑んだUFCライト級のチャンピオンズシップでは、ジェンス・パルヴァーに敗戦し、その後もUFCライト級を中心に活躍していました。

この試合はBJペンにとってウェルター級初挑戦試合となります。

グランドになった場合、レスラー(ヒューズ)と柔術家(BJペン)のポジショニングには注目してみてください★

キーワード:BJ PENN
 9:55●BJペン対 宇野戦(最初の対戦)の模様はコチラ●BJペンの対パルヴァー戦(ライト級タイトル戦)の模様はコチラ●BJペン対五味戦(ハワイROTR)の模様はコチラ...

【UFC70】LYOTO vs デイヴィッド・ヒース

LyotoMachida_vs_davidheath_UFC70.jpg
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" ライトヘビー級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
Ryoto "Lyoto" Machida vs david heath

日本とブラジルのハーフのLYOTOとアメリカ出身のヒースのMMA無敗同士の一戦です。

LYOTOは空手をベースにしたMMAファイターでこの試合までのMMA戦績は9戦全勝で3つの(T)KOと1つの一本勝ちをしています。
LYOTOについては別ファイルで詳細を明記していますのでコチラをどうぞ!

ヒースは180cm、ボクシングとサブミッションレスリングをベースにするオールラウンダーな選手です。
この試合までのMMA戦績は7戦全勝、3つの(T)KO勝利と3つの一本勝ちをしています。

共にUFC本戦2戦目で(ヒースはUFN7にも出場)、共に無敗戦士。
KOか一本勝ちならジャンプアップ、判定なら階段一段を上がるどちらにしてもタイトル挑戦へ近づく大事な試合です。

Ryoto Lyoto Machida david heathUploaded By You Tsube 15:18...

【修斗】川尻達也 vs ビトー"シャオリン"ヒベイロ【ウェルター級チャンピオンズシップ】

kaawjiri_vs_shaolin2_04.12.14.jpg
2004/12/14 Year End Show ウェルター級チャンピオンズシップ 5分3R 東京・代々木第二体育館
Tatsuya Kawajiri vs Vitor"Shaolin" Ribeiro

2007年今やPRIDEライト級の中心人物となった川尻とHIRO'Sトーナメント2007ミドル級の本命と言われるシャオリン・ヒベイロの世紀の一戦です。

ヨアキム・ハンセンから圧倒的なグラップリングテクニックで同級王座を奪取した-70㎏世界最強と言われている王者シャオリン・ヒベイロに2年前の同日に何も出来ずに敗戦し、そこからドローを挟む4連勝でランキング同級1位まで這い上がってきた挑戦者川尻の壮絶な闘いです。

日本ファイルなのでリングアナの声にも耳を傾けてしっかり見てください。

最後に解説の大田章氏が言っています。「宇野との再戦・・・」
先にも川尻で明記した「ドロー」はこの試合への挑戦権を掛けた宇野薫との一戦でした。

最後、勝利者のマイクもありますので、現在の彼等の置かれた状況も踏まえて色々な視点から見ていただいてもいいのではないでしょうか★



▼高画質Divxファイル(ダイジェスト版) 7:40▼ファイル1(1R~)Kawajiri vs Shaolin 2, partie 1 (1/2)Uploaded by You Tsube▼ファイル2(2R途中~)Kawajiri vs Shaolin 2, partie 2 (2/2)Uploaded by You Tsube●両者初対決ダイジェストの模様はコチラ...

マット・ヒューズ スパーリング風景

MattHughes_sparring.jpg

Matt Hughes

たいそうなタイトルでごめんなさいw
場所など詳細は不明ですが、UFCウェルター級のトップファイターマットヒューズのプライベートタイムでのスパーリング?風景です★

何オンスのグローブだろうと真剣に殴られたらひとたまりもありませんね(^Щ^)
Matt Hughes sparringUploaded by You Tsube 3:27...

【UFC69】ケンダル・グローヴ vs アラン・ベルチャー

200704261158000.jpg
2007/04/07 UFC69 ミドル級 5分3R 米国・テキサス州ヒューストン トヨタセンター
Kendall Grove vs Alan Belcher

グローヴはハワイのマウイ島出身の選手で、TUF3でティト・オーティズの下でトレーニングを積み優勝したファイターでニックネームは「ダ・スパイダー(Da Spyder)」です。
そしてそのままティトのトレーニングキャンプ(チーム・パニッシュメント)に招待されそこでトレーニングを積んできました。
ファイル内でティトが客席から声を大にして応援しているのはその為です。
TUF3優勝に伴いUFCと6試合の契約がなされておりこの試合は3試合目で2連勝中です。
この試合までのトータルでのMMA戦績は7勝3敗1ノーコンテストです。


ベルチャーはムエタイ、柔術をベースにする選手でレスリング技術も高い選手です。
リッチ・クレメンティのスパーリングパートナーを努める選手です。
この試合までの戦績は188cmの身長という事もありひと階級上の選手と戦う事も多かったのですが9勝2敗という戦績を残しています。
最後の敗戦は急なオファーでUFCで日本の岡見勇信からです。
12:22●UFC69の他の試合はコチラ参考:.kendallgrovemma.com、OTM、WIKI Alan Belcher...

【UFC70】アレッシオ・サカラ vs ヴィクトー・ヴァリマキ

UFC70_AlessioSakara_vs_VictorValimaki.jpg
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" ライトヘビー級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
Alessio Sakara vs Victor Valimaki

全身タトゥ緑黒トランクスのサカラと黒トランクスのヴァリマキのライトヘビー級の一戦です。

サカラはイタリア出身のMMAファイターです。
11歳よりボクシングを始め、イタリアのFIKB-CONIアマボクシングライトヘビー級とジュニアの王者でした。
プロボクシングの戦績は6勝2敗で、打撃部門でアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラのスパリングパートナーも務めていた事で日本でも知名度を上げました。
現在は柔術にも力を入れてトレーニングをしています。

この試合までのMMA戦績は10勝5敗、UFCでは1勝2敗1ノーコンテストで現在連敗中で崖っぷちでの一戦と言えます。

ヴァリマキはカナダ出身の選手でキックボクシング、ボクシング、レスリング、柔術のトレーニングをしています。
MFCライトヘビー級王者でランディ・クートゥアを尊敬しているそうです。

この試合までのMMA戦績はMFCを中心に9勝3敗でUFC本戦は初参戦になりますが、UFN7に出場し敗戦しています。

―展開
この試合の最後は明らかに敗者の心が折れた結果となり、早すぎるストップに会場からはブーイングが吹き荒れます。

試合後、敗戦の弁としてプレスで述べていますが、右目下へのパンチが効いてしまっており、痛みが痛みがひどかった事を明かしています。
レフリーのこの判断は正しいと思います★



Alessio Sakara vs Victor ValimaUploaded ByYou Tsube 5:36参考:.Alessiosakara.com、CBC.CA...

【WBAタイトルマッチ】ニコライ・ワルーエフ vs ルスラン・チャガエフ【ヘビー級】

WBAchampionsip_Valuev_vs_Chagaev07.4.14.jpg
2007/04/14 WBA世界ヘビー級タイトルマッチ ドイツ・シュツットガルト
Nicolay Valuev vs Ruslan Chagaev

史上最身長王者ロシアのワルーエフと挑戦者ウズベギスタンのチャガエフの一戦です。

ワルーエフは4度目の防衛戦です。
213cm、144.6kgの巨体を生かしてこの試合まで46勝(34KO)無敗1無効試合の戦績を残しています。
この試合も数え後3つ勝てばロッキー・マルシアーノの持つ最多連勝記録49連勝に並ぶ為防衛戦は防衛戦でも多少のプレッシャーが出だす試合です。

一方チャガエフは同級1位で23戦全勝1無効試合の戦績を残しての挑戦です。

アマチュア時代も85戦し83勝と抜群の戦績をのこしており1997年に行われたアマチュアボクシングチャンピオンズシップで金メダルを獲得しています。(しかし、既にプロライセンスを取得後だった為剥奪され1年間プロ出場停止処分が課せられました)
ウズベギスタンでは「ホワイト タイソン」の異名を取ります。
▼1Round~ Boxen-Valuev-Chagaev1Uploaded ByYou Tsube▼7Round~ Boxen-Valuev-Chagaev2Uploaded ByYou Tsube●ワルーエフ初防衛戦の模様はコチラ●ワルーエフ3度目の防衛戦はコチラ参考:deadspin.com、boxrec.com...

【CAGE RAGE21】タンク・アボット vs ギャリー・ターナー

CR21_TankAbbott_vs_GaryTurner.jpg
2007/04/21 Cage Rage 21 Judgement Day ヘビー級5分3R イギリス・ロンドン ウェンブレイアリーナ
Tank Abbott vs Gary Turner

アメリカ出身のアボットとイギリス出身のターナーの一戦です。

アボットはUFC初期から2003年までUFCに定期参戦しており、1997年12月にはUFC-Japanで来日し、2005年8月にはPRIDEにも参戦しました。
アグレッシブな選手ですが、開始から数分でガス欠が目立つその体系からも分かる通り典型的なスーパーヘビー級タイプの選手です。
ヘビー級選手の調整試合に組まれる印象の強い選手でこの試合までの戦績は9勝12敗、

ターナーは1970年9月2日生まれで1999年にMMAデビューしてからこの試合は3戦目です。
戦績は1勝1分ですが、元々キックボクサー、K-1に出場している選手です。
キックの実績はかなりなものでWKA、WAKOの英国、欧州、世界の数々のタイトルを獲得しています。
キックのほかには柔道、柔術も取り組んでおりストライカーでありながらサブミッションも侮れない選手です。

Tank Abbott VS Gary TurnerUploaded By You Tsube 11:30参考:Gary‘similer'Tuner...

【UFC70】ジェス・リアウディン vs デニス・シーバー

UFC70_DennisSiver_vs_JessLiaudin.jpg
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" ウェルター級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
Jess "Joker" Liaudin vs Dennis Siver

同じ黒トランクスの為、見失わない為に神の毛で紹介させてもらます。
黒髪がジェス・リアウドン、金髪がデニス・シーバーです。

リアウドンはパンクラスロンドン所属(このジムについては別ファイル参照)のフランス出身の選手です。
ロンドンに移住する前はアメリカにも住んでいました。

8歳より柔道を始め16歳の頃からフルコンタクト空手で格闘技に慣れ親しみトレーニングを積みプロとしてのベースはムエタイ、シュートボクシングなどの打撃のトレーニングを取り入れているオールラウンダーな選手でジョーカーの異名を持ちます。

2003年9月にはシュートボクシングの試合で高田道場の高橋渉と、2005年にはD.O.G.3(現ケージ・フォース)で門馬秀貴と来日し闘っています。

この試合までのMMA戦績は10勝8敗で、7つの一本勝ち(三角絞め、アームバーなど)がありグランドでの試合を得意とする選手です。
Cage Rageを主戦場としていおり、この試合はUFC初参戦となります。
主なタイトルとして欧州アルティメットコンバットミドル級のタイトルや欧州BJJ&グラップリングチャンピオンズシップで準優勝をしています。

シーバーはドイツ出身の選手で13歳より格闘技を始め、柔道、ブラジリアン柔術、キックボクシングのトレーニングを積みドイツ国内キックボクシングの王者にもなった事があります。

スウェーデン、デンマーク、ドイツ)、スロベニア、イングランドと様々な場所で闘い今回の試合よりUFCと2年の契約を結びました。
この試合までのMMA戦績は2002年2月のデビュー以来10勝3敗で2つのKO勝ちと6つの一本勝ちをおさめています。

UFC_70_-_Dennis_Siver_vs_Jess_Liaudin_-_Uploaded by You Tsube 5:49参考:sfuk.tripod.com、Pancrase LONDON公式、OC FIGHT TEAM...

【UFC70】公開計量映像

ufc70_weight_in.jpg
2007/04/20 UFC 70 "Nations Collide" 公開計量 イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ 

UFC70の公開計量の模様です。
音割れが厳しいですので、ボリュームを下げて閲覧してください。

地元マイケル・ビスピンとメインイベント赤コーナーのミルコ・クロコップはすごい人気です★
 4:30計量順に選手紹介。上が青コーナー・下が赤コーナー選手です。▼ウェルター級ポール・テイラー(イギリス)エジベルト・クロコタブラジル)▼ウェルター級ジェス・リアウディン(フランス/パンクラス・ロンドン)デニス・シバー(ドイツ/OCファイトチーム)▼ライトヘビー級ビクター・ヴァリマキ(カナダ/スナイパー・シュートレスリング)アレッシオ・サカラ(イタリア/360コンバットクラブ)▼ライト級ジュニオール・アス...

【Cage Rage21】ヴィトー・ベウフォート vs アイヴァン・セラティ

VitorBelfort_vs_Serati_CR21.jpg
2007/04/21 Cage Rage 21 Judgement Day ライトヘビー級 5分3R イギリス・ロンドン ウェンブレイアリーナ

Vitor Belfort vs Ivan Serati

ブラジル出身のベウフォートとイタリア出身のセラティの一戦です。

ツイストを編みこんだ髪型で黒トランクスがベウフォート、白トランクスと膝サポーターをしているのがセラティです。

キーワード:ビクトー・べウフォート、ビトー・べウフォート、ヴィクトー・べウフォート
 7:28...

【UFC70】マイケル・ビスピン vs エルビス・シノシック

ビスピン vs シノシック
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" ライトヘビー級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
Michael "The Count" Bisping vs Elvis Sinosic

迷彩トランクスのビスピンと青トランクスのシノシックのライトヘビー級の一戦です。

ビスピンは地元イングランド出身の選手でキックボクシングをベースにこの試合までMMA戦績12戦全勝全(T)KOか一本勝ちをしている選手です。
ケージ・ウォーリアーズでは現役、ケージ・レイジのでは前ライトヘビー級の王者です。
1979年2月26日生まれで、8歳から柔術を学び、19歳よりキックボクシングと空手で本格的に格闘技に取り組みだしました。
キックボクシングでは英国タイトルも奪取しており、キックボクシングとMMAを平行して取り組んでいます。

シノシックはオーストラリア出身の選手でマチャド柔術とムエタイをベースにこの試合までMMA8勝9敗2分の戦績を残しています。

柔術は黒帯で勝利した8つの戦績の内訳は3つのKO勝利と5つの一本勝ちをしています。

いつでもどこでもどんなにきつい挑戦オファーでも受ける選手として有名な選手で、UFCはこの試合が6試合目で1勝5敗という戦績からのオファーを考えると今回もビスピンの金魚的な意味合いで組まれた試合かもしれません。

Michael Bisping vs Elvis SinosicUploaded by snatchGTT 10:37参考:WIKI/ビスピン、WIKIシノシック...

【UFC70】アンドレイ・アルロフスキー vs ファブリシオ・ヴェウドゥム

UFC70_Arlovski_vs_Werdum.jpg
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" ヘビー級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・アリーナ
Andrei Arlovski vs Fabricio Werdum

元UFCヘビー級王者のアルロフスキー(ヒゲ顔)とチーム・ミルコ・クロコップのヴェウドゥムの一戦です。

2007年3月下旬にPRIDEとUFCの提携発表になりました。(提携と言わせて頂きます)
その提携以前にUFCを運営するズッファと契約をしていたPRIDE戦士ヴェウドゥムが挑むのは、UFCヘビー級のトップファイターのアルロフスキーです。

アルロフスキーはベルラーシ出身(ロシア同様旧ソ連)でサンボをベースとする選手。
ヘビー級とは思いがたい絞られた体と軽い身のこなしで繰り出すボクサーばりのパンチを持つ選手です。
一時はパウンド・フォー・パウンドの呼び声もありましたが、ティム・シルビアとの連敗でメンタルの弱さを露呈しまいました。
連敗後勝利をしましたが、アグレッシブに前に出れるのか、まだ課題として注目した試合です。

ヴェウドゥムは、日本ではお馴染みの選手ですね。
チーム・クロコップのサブミッション担当というキャッチフレーズでPRIDEのリングに上がって「極め」の強さをみせしめた柔術世界王者です。
PRIDEのトップファイターのミノタウロ・ノゲイラとセルゲイ・ハリトーノフに判定負けをしていますが未だKO一本負けはありません。
打撃スキルはミルコ・クロコップの元で学んでいる為、スタンドでの安定感もみえるようになりました。
この試合までのMMA戦績は9勝2敗1分で2つの(T)KO勝ちと5つの一本勝ちがあります。
 30:53別ウィンドウで閲覧となるファイルです。びっくりすると思いますが、ご了承ください! -閲覧にあたり確認事項- 海外サイトの為、ウィルスセキュリティーなどによるポップアップがブロックされる事があります。 違法性はありませんが気になる方はこのファイル閲覧は諦めてください。 このポップアップの知識やご理解がある方は「ポップアップを一時的に許可する」や「このサイトのポップアップを常に許可」をして閲覧してく...

【UFC70】ミルコ・クロコップ vs ガブリエル"ナパオン"ゴンザガ

ミルコ vs ゴンザガ
2007/04/21 UFC 70 "Nations Collide" メインイベント ヘビー級5分3R イギリス マンチェスター・イブニング・ニュース・
アリーナ
Mirko "Cro Cop" Filipovic vs Gabriel Gonzaga

UFCイギリス興行でメインイベントでのミルコとナパオンの一戦です。

ミルコはUFC2戦目で1勝、ナパオンはUFC4戦目で3連勝中です。

最後はKO決着、とにかく衝撃の結末をみてください★

ナパオンはブラジル出身でシュートボクセ&マカコ・ゴールドチームでトレーニングをしていました。
2006年にアメリカに拠点を移し現在はブラジリアン柔術をベースにする柔術に拘るMMAファイターで、マルコ・アルヴァンコーチの下でレスリング、ボクシング、ムエタイのトレーニングを積んでいます。

柔術は黒帯、主なタイトルとして2006年にBJJムンジアル、コパドムンドの両王者になっています。
▲11:14Mirko Crocop vs Gabriel Gonzaga▲06:42参考:OTM、UFC公式ナパオン...

【Cage Rage21】ムリーロ・ニンジャ vs アレックス・リード

MuriloNinja_vs_Reid_CR21.jpg
2007/04/21 Cage Rage 21 Judgement Day ミドル級5分3R イギリス・ロンドン ウェンブレイアリーナ
Murilo Rua vs Alex Reid

主戦場を変えた模様でCage Rage2戦目ブラジルのニンジャと地元イングランド出身でCage Rageを主戦場とするリードの一戦です。
ブーイングが吹き荒れる結果となってしまいました。

ニンジャは2006年のPRIDE武士道ウェルター級GPに照準を明確化した事により階級をPRIDEミドル級(ライトヘビー)から-83㎏前後にしました。
その武士道では2連敗を喫し、CR初参戦の復帰戦で勝利してからのミドル級(-84㎏)2戦目です。
この階級のベルトはUFCミドル級王者でもあり元同門のアンデウソン・シウバが所持しており、勝ち続ければ、わくわくする展開が期待できます。

Murilo Ninja vs Reid CR21Uploaded ByYou Tsube 6:41...

マット・グライス ハイライトPV

MattGrice_MMA_highlightPV.jpg

Matt Grice「Donald Matthew "The Wolverine" Grice」

UFC70ライト級ワンマッチに出場するUFC初参戦マット・グライスのハイライトPVです。

オクラホマ州ミッドウェストシティーに1981年7月29日生まれました。
オーソドックススタイル/レスリングベースに2005年10月のデビュー以来この試合までのプロMMA戦績は8戦全勝です。(現在
荒削りながらもアグレッシブな打撃スタイルに指し合いからのスラム、投げなどのテイクダウンからパウンドというのが武器な選手です。

強靭な腰は5歳からレスリングをしていた事で培われました。
高校時代は4回オクラホマ州レスリング王者にもなっています。
レスリングの他にも野球もしており、大学も野球での誘いもいくつかあったほどスポーツ万能な選手です。結局はレスリングでオクラホマ大学に入りました。

しかしすべてが順風満帆ではなく、大学1年の時に車事故、フロントガラスを突き破るほどの大事故にあい生還したというエピソードもある強運の持ち主です。

現在は消防士になる為の勉強もしています。

これまでの戦績はオクラホマのローカルケージファイトが中心なのでこれからが本当のグライスを見れることとなりそうです。

 4:15参考:Matt Grice.com、UFC公式...

【bodogFIGHT】マット・リンドランド 対ヒョードル対策

MattLi/ndland_training_forbodog.jpg
2007/03/29
Matt Lindland

2007年4月に行われるbodogFIGHTでエメリヤーエンコ・ヒョードルとの対戦が決まっているリンドランドのトレーニング風景です。

1970年5月17日生まれの36歳。
15歳からレスリングを始め、2000年の夏季シドニー五輪では69-76㎏グレコローマンで銀メダルを獲得しています。

ニックネームは「The Law(法律)」と呼ばれています。
それは、五輪出場時に起きたグレコローマン特有ルールについて意義申し立てをし、裁判をし統一ルールを確立した事からつきました。

MMAへはレスリングの仲間でもあるランディ・クートゥア、ダン・ヘンダーソンより手ほどきを受け参戦、このトレーニング時期までのMMA戦績は20勝4敗で、うち6つのKO勝利と8つの一本勝ちがあります。

現在はアメリカオレゴン州のポートランドにあるIFL出場チームのコーチ/選手としてポートランドウルフパックでトレーニングを積んでいます。
 2:50●bodogFIGHTでvsヒョードル戦映像はコチラ...

北岡の思い!PRIDEライト級GPへ向け最後の関門試合

FabricioMonteiro_vs_SatoruKitaoka_deep29.jpg
2007/04/13 DEEP 29th Impact PRIDEライト級GP出場者決定戦 73kg契約東京・後楽園ホール
Satoru Kitaoka vs Fabricio Monteiro

PRIDEと提携しているDEEP、そのDEEPで行われたPRIDEライト級GPの出場権を掛けた一戦です。
ルールもPRIDEルールに沿った相手選手が4点ポジションを付いた時点での膝攻撃が認められています。

ファイル内での煽り、リングアナ・解説の言葉に耳を傾けて観戦して頂きたい一戦です。



Fabricio_Monteiro_vs_Satoru_KitaokaUploaded ByYou Tsube 19:11【DEEP29】北岡 悟 vs ファブリシオ"ピットブル"モンテイロ【PRIDEライト級GP出場者決定戦】...

【DEEP29】戦闘竜 vs クリスチアーノ上西

200704201456000.jpg
2007/04/13 DEEP 29th Impact 契約体重無し 5分2R 東京・後楽園ホール
Henry Miller Sentoryu vs Cristiano Kaminishi

いわゆる無差別級として行われる戦闘竜とクリスチアーノの一戦です。

戦闘竜はPRIDE、パンクラスの日本のリングに上がった事があり「相撲は強いんだーよぅ」と名言を残した元大相撲の関取出身選手です。
本名はヘンリー・ミラー、柔道、アメリカンフットボール、レスリングと腰の強さを磨くスポーツで学生時代を過ごしました。
およそ3年前の2004年4月にMMAデビューをしてからこの試合までの戦績は3勝6敗と大きく負け越しています。
派手な振り回しが目立ち、相撲でぶしかましなど受けることを慣れてしまっているのか、カウンターをまともに受けてしまう所が敗因とも読めます。

クリスチアーノは日系ブラジル3世の選手です。
ブラジリアン柔術では紫帯で多くのタイトルを手にしています。
その他空手の経験もあり、立って良し、寝て良しのオールラウンダーとして大器の予感がある選手として注目されています。
ファイル内でも触れられていますが、およそ1年ほどブラジリアン・トップ・チームで総合格闘技の武者修行もしており、PRIDE本戦出場権を掛けて?行われているPRIDEチャレンジでは2004年にMVPを獲得しています。
2004年10月にDEEPでMMAプロデビューをしてからこの試合までのMMA戦績はすべてDEEPで、2戦2勝1ノーコンテストで2勝ともTKO勝利をおさめています。

PRIDE本戦経験者でもある戦闘竜は120㎏前後、クリスチアーノは100㎏弱、このおよそ20kgの体重差が試合でどのように影響するのかに注目です★
Cristiano_Kaminishi_vs_Henry_Sentoryu miUuloaded By You Tsube 7:11...

トップページ >> 2007年04月






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。