スポンサーサイト

【Meca 12】エジソン・ドラゴ vs エドワルド・マリオリーノ

EdsonDrago_vs_EduardoMaiorino05.7.9.jpg
2005/07/09 Meca World Vale Tudo 12 ブラジル・リオデジャネイロ
Edson Drago vs Eduardo Maiorino

GAME AND MMAさまでPRIDE34についての記事があり、それにちなんでファイル紹介をさせていただきます。
いつもありがとうございます。

2006年にはPRIDE無差別級GPに参戦したドラゴと2003年K-1 WORLD GP 2003 Preliminary Brazilのワンデートナメントで優勝しとたマリオリーノ一戦です。

ドラゴはブラジルボクシングの強化選手にもなっており、BTTでノゲイラ兄弟のスパーリングパートナーを務めている選手です。
圧倒的な打撃を武器にMMAデビューより4連勝中でのこの試合です。
その打撃のプレッシャーからグランドでもトップを取ることが多く、強烈なパウンドも持ち合わせています。
ファイル冒頭でもセコンドに映りますがノゲイラ兄弟が打撃スキルの向上を目指す上で必要不可欠な選手の一人です。

マリオリーノはムエタイをベースにする選手でWBCムエタイにも出場しています。
K-1ブラジルで7戦し6勝1敗の成績を残しているストライカータイプの選手です。
そしてMMAに至っても、K-1主催ブラジル興行でデビューし、この試合まで2勝2敗の戦績です。(現在


 4:39参考:Real Fight Gear、K-1オフィシャルサイト、WBC...

柔術 in MMA ハイライト

BJJ_in_MMA07.3.31.jpg


柔術をベースとする選手のMMAグラップリング映像のダイジェスト集です。
と、ファイル紹介されていましたので…

華麗なる一本やキャッチシーン、高度なサブミッション、危険技など満載、とても簡潔にまとめてあります★

Jiu Jitsu in MMA Part DeuxUploaded by You Tsube 7:02ファイル内順試合紹介▼2005/11/06プロフェッショナル修斗 ミドル級5分3R 東京・後楽園ホール青木真也 vs 弘中邦佳▼2006/06/26グラジエイターFC生死決-エピソード1 ヘビー5分3R 韓国・ソウルオリンピック体操競技場アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ vs アレックス・スティーブリング▼2005/12/11D.O.G.4 ライト級5分3R 東京・ディッファ有明中原太陽 vs ハニ・ヤヒ...

【Dynamite!!』】ダナ・ホワイトも腰を抜かした【LA記者会見】

BrockLesnar_PressConference07.3.27.jpg
2007/03/07 HERO'S 記者会見 アメリカ・ロサンゼルス・メモリアル・コロシアム
Brock Lesnar 、Royler Gracie

2006年4月にFEGと契約した事を発表してからおよそ1年、ついにそのベールを脱ぐ事が決まりました。

10万人を収容できるLAコロシアムでのデビュー戦をチェ・ホンマンと闘います。

会見中横に座っているホイス・グレイシーがこれから最終トレーニングのパートナーを務める模様です。

レスナー-6月2日、初めてのMMA、とても興奮していて気持ちがいい。俺がMMAに来たら大変なことが起こるので見逃さない方がいい-
HERO'Sオフィシャルサイトより抜粋。

以前は日本でPRIDE、K-1が行っていたDynamite!!が時を超え、場所をアメリカに移して、オリンピックを2度も行った10万人を収容できる聖地でエリートXC、bodog、Cage Rage、ストライクフォース、スピリットMC等興行団体と提携して「Dynamite!!」が行われます。

「ダナ・ホワイトがビックリする会見になる」とUFCを取り仕切るズッファ社長のダナ・ホワイト氏を意識したコメントを残したFEG社長の谷川氏。
ダナはこの興行発表後「本当にビックリして腰を抜かしたよ。あのボロボロの団体たちが集まって何をするというんだ?」と笑ったとか…w



 6:27...

【ADCC2007】アントニオ・ブラガ・ネト vs クリスチアーノ”チチ”ラザリニ【ブラジル予選決勝】

CristianoLazzarini_vs_AntonioBraga07.2.5ADCC.jpg
2007/02/05 ADCC ブラジル-99kg級 決勝
Antonio Braga vs Cristiano Lazzarini

ADCC世界地区予選で一番過酷と言われるブラジルの-99kg級決勝の模様です。

ラッシュガードを着けているのが日本でDVD付きの技術書を発売しているムンジアル3位ヴィニシウス・ドラクリーノ・マガリャエス率いるグレイシーバッハBH所属のブラガ・ネトでトップレスの選手がグレイシーバッハ所属のチチで支部対抗戦、同門対決となりました。

ブラガ・ネトは数々の世界王者を多く輩出する優秀な道場でドラクリーノより学び、2006年ブラジレイロ茶帯で優勝、ムンジアルでも階級別と無差別で二冠を獲った選手です。

チチはブラジルカンポス市で行われているサブミッションレスリング・イン・サウン・ジョアオ・ダ・バッハで優勝した事がある選手です。
 10:28参考:ADCC NEWS(1)、ADCC(2)、JJBH...

マウリシオ・ショーグン 2007ハイライトPV

shogun_rua2007PV1.jpg

Mauricio Shogun Rua

PRIDE 2005 ミドル級GP王者のマウリシオ・ショーグンのハイライトPVです。

今後、PRIDEオーナー交代によりルール改正により、もしかしたら華麗なる踏みつけを見られることはないかもしれません。
Shogun The Supernova - Mauricio RuaUploaded ByYou Tsube...

【PRIDE】重大発表公開記者会見映像

DSE2007.3.27.jpg
2007/03/27 PRIDE「重大発表公開記者会見」 東京・六本木ヒルズ

現場の雰囲気をそのままに!

《「重大発表公開記者会見」を東京の六本木ヒルズアリーナにて行う》とPRIDE公式サイトのトップページでも大々的に告知されていた全容です。

HI-PRIDEPRIDE会員用メール配信で流された内容と同時刻に公式サイトでも発表するのは異例の出来事でした。

ロレンゾは日本のPRIDEファンなしでは更なるマーケットの発展をしえない事を熟慮しての発言となっているのでしょう。
ここでUFCの子会社的なニュアンスを発言してもファン離れも起きかねず、場がしらけるだけですしね!
今後のロレンゾコンテンツとしてのPRIDEがどのよに扱われるかに注目しましょう。

多少時間によってファイルが重たい物がありますが、時間のある時に会場へ足を運べなかった方は雰囲気を味わってみてください★
▼DSE榊原代表重大発表公開記者会見Pride Presskonferens SakikabaraUploaded By You Tsube▼榊原代表、高田延彦統括本部長Pride presskonferens TakadaUploaded By You Tsube 8:24▼PRIDE新オーナー ロレンゾ・フェティータPride presskonferens Rorenzo FertittaUploaded ByYou Tsube 8:41▼ロレンゾ・フェティータ&ダナ・ホワイトPride Presskonferens Dana WhiteUploaded ByYou Tsube▼ダナ・ホワイト ジェフ・モンソン、高...

【PRIDE GP 2003】クイントン"ランペイジ"ジャクソン vs チャック・リデル

QuintonJackson_vs_iceman03.11.9.jpg
2003/11/09 PRIDE GP 2003 決勝 ミドル級トーナメント準決勝 1R10分2R5分 東京・東京ドーム
Quinton Jackson vs Chuck Liddell

ファイル最初に「UFCの威信を胸に」と触れられていますが、リデルはUFCのテーマ曲、UFCのTシャツを着て入場しました。

リデルはこの試合後バックステージプレスで、「UFCで次の試合が決まっている。」とコメントしていた事から、現役UFC選手vsPRIDE選手の構図であった試合です。

ジャクソンはPRIDEで6勝2敗の戦績を残しています。
物凄いパワーファイターと荒くれ者キャラクターで、PRIDEでの地位を確立している時期でのGP参戦です。
レスリングをベースに、ボクシング技術も高めてきています。

リデルは同年6月にUFCライトヘビー級王者から陥落し、その2ヵ月後の同GP開幕戦を復帰戦としPRIDEミドル級GPに参戦しました。
初戦はアリスター・オーフレイムとの打撃戦を制し、迎えた準決勝です。
2001年に既に初来日しPRIDE14でガイ・メッツァーと対戦し勝利しています。
この試合までのMMA戦績は15勝2敗、UFC戦績は8勝2敗でUFCライトヘビー級のタイトルはケビン・ランデルマンより奪取しました。
タックルを切る技術が高く、ボクシングスタイルで打撃を得意とする選手です。
Chuck Liddell vs Quinton JacksonUploaded ByYou Tsube 19:23※このカードは2007年5月26日に行われるUFC71でライトヘビー級のタイトルを掛けての再戦が行われます!2007年3月27日にPRIDEの経営者がUFCのオーナーと同一人物の手に渡る発表がなされました。UFCを運営するズッファ社長のダナ・ホワイトもPRIDE公式会見に足を運び「PRIDEを潰す」と公言し、それを受けてPRIDE戦士等も口撃しました。この再戦カードはPRIDE vs. UFCの...

【TKO28】サム・スタウト vs ファビオ・ホランダ【ライト級タイトルマッチ】

TKO28_SamStout_vs_FabioHolanda.jpg
2007/02/11 TKO 28-INEVITABLE- TKOライト級タイトルマッチ 5分5R カナダ・モントリオール州ケベック:ベル・センター
Sam Stout vs Fabio Holanda

同級王者サム・スタウトとジョルジュSTピエールの寝技コーチで柔術黒帯、ブラジリアントップチームカナダの挑戦者ファビオ・ホランダの一戦です。

ただ、選手紹介後ファイルがストップしてしまう現象が起きてしまっており、うpしておきながら、未だみれていません…orz

きちんと観戦できたら詳細に触れようと思います。



TKO 28 - Stout vs HollandaUPloaded By You Tsube 16:56参考:TKO MAJOR LEAGUEオフィシャルサイト...

【TKO28】トーマス・シュルト vs ジョナサン・グーレ【問題発生!判定覆り】

TKO28_Schulte_vs_Goulet.jpg
2007/02/09 TKO 28 -INEVITABLE- カナダ・モントリオール州ケベック:ベル・センター
Thomas Schulte vs Jonathan Goulet

当初はみごとなKO劇で幕を下ろした試合ですが、2007年3月26日にこの試合はノーコンテストに変更になった試合です。

問題は試合終盤に訪れました。
見て頂ければわかりますが、一方の選手が好ポジションを取り攻撃中に何故か、ブレイクが掛かります。
しかもレフリーが1R終了のブザーを聞き落とすというお粗末な出来事もプラスしての事で、耳を凝らして聞いてみてください。

UFCでもしばしばみられるカナダVSアメリカ構図からセミファイナルに行われた試合です。
白トランクスがアメリカ・ニューメキシコ出身のシュルト、赤トランクスがカナダ・ケベック出身のグーレです。

シュルトはチョークを得意技とする選手で、この試合までのMMA戦績は13勝5敗でその勝った試合の9割以上が三角絞め、チョークなどの一本勝ちです。

グーレは試合まで16勝7敗のMMA戦績を残しています。
打撃から試合を組み立て、グランドではトップポジションを取り優位に試合を進めるのが勝ちパターンの選手です。

この試合の判定覆りについての憶測―
2006年には数度UFCのUltimate Fight Nightにも出場しているグーレ。
そして元々この試合はジョルジュ・サンピエールのウェルター級タイトル返上を受けてグーレとスティーブ・ヴィニョーが空位のタイトルを掛けて闘う予定でした。
プロモーター的にはグーレを王者にしてUFC本戦へ送り込みたい。
しかしTKOとUFCの関係から言って、不可解なジャッジでアメリカの選手が負けた事になってはグーレをはじめ、その他のUFC参戦中・参戦予定の北米選手にも影響するのかもしれない、という事でシュルト陣営の抗議を真摯に審議し誠実な対応をした物と憶測をめぐらします。
TKO 28 - Schulte vs GouletUploaded ByYou Tsube 8:42参考:TKO MAJOR REAGUEオフィシャルサイト、MMA on Tap...

【CFC4】メルヴィン・マヌーフ vs ポール・カフーン

200703251922000.jpg
2005/07/03 Cage Fighting Championships 4 メインイベント 英国・イングランド リバプール
Melvin "Marvelous" Manhoef vs Paul Cahoon

オランダ出身マヌーフと地元イングランド出身カフーンの同興行メインイベントでの一戦です。

マヌーフはキックボクシングをベースにこの試合まで8勝2敗1分(7KO)というMMA戦績を残しています。
初訪英は同年2月にCage Rageへ参戦した時で、その時もKO勝ちをおさめています。

カフーンはオランダのゴールデングローリー所属ながらイングランド出身選手という事で絶大な歓声を背に登場します。
これまでのMMA戦績はというと歓声とは裏腹に5勝7敗と負け越しています。
ただ、同CFCでは参戦2戦2連勝と一本&KOとアピールをしており、リバプールでのローカル人気のボルテージは上がっているのだと思われます。
キックボクシングをベースにしている選手ですが、他にムエタイ、レスリングのトレーニングを積んでいます。

それにしても完全アウェーのマヌーフ、この選手はアウェーの方が燃えるタイプなのでしょうか。
 8:42参考:ADCC NEWS、...

【メディア懐かし映像】亀田一族。興毅14歳エキシビジョン

koki_kameda14yearsold.jpg

Koki Kameda vs Hiroki Ioka

世界チャンピオンを目指す難波の拳闘一家として注目を集めていた頃の亀田家の懐かしい映像です。

14歳の頃の亀田興毅が元WBC世界ストロー級、WBA世界ジュニア・フライ級王座の井岡 弘樹とエキシビジョンマッチを含む亀田家を追った地上波放送からのファイルです。

亀田家からひとりの世界王者が誕生。
この頃から、何が変わり何が変わっていないのか。
▼ファイル1 ▼ファイル2 ▼ファイル3 ...

【PRIDEライト級王者】五味隆典 韓国レスリングチームとトレーニング映像

Gomitraining_with_KoreanTopTeam.jpg
2007/03/10 韓国・セジョン大駅徒歩1分
Takanori Gomi

PRIDE初代ライト級王者の五味隆典がKorean Top Team(KTT)と「第13回全日本コンバットレスリング選手権大会」出場へ向けてのトレーニング、韓国セミナー?の映像です。

KTTは韓国内最高峰のレスリング指導者を有する総合のチームで、チームタックルから分裂して2004年9月に独立したチームです。

監督はレスリングフリースタイルでジュニアのチャンピオンになったハ・ドンジンで、協力するコーチの中にも、レスリングの世界チャンピオンやグラップリング専門のコーチもおり、五味にとってはマスコミやファンから離れメンタル的にも充実したのではないでしょうか。
 9:29参考:M-FIGHT、Feel Like A Kimchi(韓国格闘技情報ブログ)...

【メディア未分類】日本プロボクシング協会関係者の活動

wajima_ohashi07.3.9.jpg
2007/03/09 死刑廃止議連主催勉強会

いわゆる「袴田事件」について日本プロボクシング協会関係者によって冤罪を訴える活動をされている一部映像とニュースで取り上げられた映像です。

この袴田事件については2006年11月に元世界王者の渡嘉敷勝男、玉熊幸人、飯田覚士、戸高秀樹らとともに、袴田事件の再審を求める要請書を最高裁判所に提出しました。
上のファイルはそれ以前からボクシング興行後にリング上でこの訴えを続けてきた輪島功一氏と2007年4月より東日本ボクシング協会新会長に内定した大橋秀行氏が死刑廃止議連主催勉強会で発言をした時の模様です。

この活動についてどうこう言うつもりはありませんが、輪島氏…
まじめに誠実に熱く答弁をしています。
しかし内容が少々幼稚すぎるような気がしてなりません。
「ボクサーがパンチではなくナイフを使うわけはない。」とか…

輪島氏本人も評論家に聞けばいいと言っていますが、とはいえ法を相手に闘うのだから、パフォーマンスにプラスして多少なりとも冤罪を訴える法的根拠で具体的な話すなど「講演者」としての話し手の勉強が多少なりとも必要ではないでしょうか。
 5:04▼袴田死刑囚とは-ニュース- 4:37※袴田事件についてはコチラ...

【2006年12月】ショーグン&ニンジャ兄弟映像【日本】

BastidoresChute_BoxeIrmaosRua2006.12.jpg
2006/12 日本
Mauricio "Shogun" Rua、Murilo "Ninja" Rua

すべて憶測です。
投稿者の期日が2006年12月30日、ショーグンがPRIDEのジャージを羽織っている事からPRIDE男祭り2006-FUMETU-に向けて来日中の映像だと思われます。
同大会の計量は当日行われたようです。
(計量についてのPRIDEオフィシャル公表がなかった?)

ショーグンは同大会へ出場が決まっており、この時点で3㎏オーバーですがだいぶ余裕がありますね!

それにしてもわざわざ電源を切りに来るとは、噂どおり仲の良い兄弟です★
Bastidores Chute Boxe Irmaos Rua 3Uploaded By You Tsube 1:55...

【NJKF】タップナー・シットロムサイ vs 米田貴志

TubnarSitromzai_vs_TakashiYoneda06.3.5.jpg
2006/03/05 NJKF - ADVANCE II ~前進~- 55kg契約 3分5R 東京・後楽園ホール
Tubnar Sitromzai vs. Takashi Yoneda

同興行のダブルメインイベントとして行われ、そのオオトリの試合として行われたタップナーと米田のNJKF国際戦として行われた一戦です。

タップナーはラジャダムナン&WMCスーパーフライ級、フェザー級王者として日本へ来日しNJKFで過去大暴れしているタイのスーパースターです。
過去、同バンタム級ランキング1位童子丸、同王者の国崇を秒殺、分殺で病院送りにした猛者です。
何より目が良く、サウスポーで粗いですが回転の早いパンチラッシュ、ミドル&ハイと隙のない攻撃が魅力の選手です。

米田はW.M.C.インターコンチネンタルスーパーバンタム級王者を獲得した実力者で、ファイル内にも明記されていますが同バンタム級2位の選手です。
176㎝で55㎏と絞り落とした肉体、サウスポースタイルで長い手足から繰り出すキックの威力には威力があり、この試合までの戦績は13勝4敗2分(5KO)です。

米田を知っている方には、この紹介は物足りないと思います。
なんと言っても、この試合がターニングポイントの如くその強さの源ととなる実力の引き出しを出し始めます★
Tubnar Sitromzai vs. Takashi YonedaUploaded ByYou Tsube 17:45★格闘技動画うpでは、ファイル情報源としてBOXEN99さまより動画共有ファイルにアップロードされた物をたくさん扱っております。いつもありがとうございます。...

【USMMA2】トラビス・ルター vs ホルへ・リベラ

JorgeRivera_vs_TravisLutter02.9.21.jpg
2002/09/21 USMMA 2 Ring of Fury ミドル級タイトルマッチ5分3R アメリカ・マサチューセッツ
Travis Lutter vs Jorge Rivera

2007年UFCミドル級戦線を賑わすであろう両者がおよそ5年前United States Mixed Martial Arts略してUSMMA2のメインイベントミドル級5分3Rで闘った一戦です。

最初から違和感を感じるファイルです。
それもそのはず、チャンピオンがベルトを抱えて最初に入場とは――
ルターはMMAデビュー2戦目でHOOKnSHOOTのタイトルを奪取し、そのベルトも掛けてのタイトルマッチです。

それにしても同じアメリカ出身選手通しの試合なのにものすごいブーイングですね。
ただ、ひとつ解らなかったのが、リベラ入場に掲げたキューバ国旗の色違いの旗。
州旗でもなく、これはいったいなんの旗なのか…

リベラはポスターからもわかるように地元出身のヒーロー、同年5月に行われたUSMMA1で衝撃KO勝ちをおさめており、地元MMAファンの心を鷲づかみにしていました。

ルーターはBJJをベースにグランドでの闘いを得意とする選手で、リベラは打撃でプレッシャーを掛けるタイプの選手です。
Travis Lutter vs Jorge RivereraUploaded ByYou Tsube 18:12参考:USMMA...

【修斗】日沖 発 vs ジョー・ピアソン

HatsuHioki_VS_JoePierson.jpg
2005/03/27 プロフェッショナル修斗「SHOOTO GIG CENTRAL vol.7」ライト級5分2R 愛知・名古屋市公会堂
Hatsu Hioki vs. Joe Pierson

2007年今となっては両者ともPRIDEのリングに上がり結果を出しているので名前を聞いてピンときた方も多いと思います。

日沖は修斗でピラミッドを登る為、クラスAを掛けた大事なクラスBの一戦で、ピアソンは米大陸ランカーの意地で日本へのアピールをしたい一戦です。

日沖は総合格闘技ALIVE道場所属で178㎝のライト級では長身の選手です。
この試合までのプロMMA戦績は5勝1敗ですが、バックボーンに15歳の時から始めた修斗と柔術を持ち、その修斗では「修斗の子」との異名があるほどアマチュア修斗でのキャリアも多く2001年にはアマチュア修斗全日本選手権 ライト級 3位の実績をぉ残しています「修斗のベテラン」選手です。
立って良し、寝て良しのトータルでバランスが良く「極め」の強い選手です。

ピアソンはミレティッチこの試合まで修斗戦績は1戦1勝で北米大陸ランキングライト級3位、すべてのMMA戦績は7勝1敗1分で勝った試合すべてが1本勝ちとグランドに引き込んでからの勝負に長けた選手です。
北米大陸ですのでお間違えのないように…
Hatsu Hioki vs. Joe PiersonUploaded ByYou Tsube 1:59...

【CIS Cup2000】セルゲイ・ハリトーノフ vs マーティン・マルハシャン

SergeyKharitonov_vs_MartinMalkhasya2000.jpg
2000
Sergey Kharitonov vs. Martin Malkhasyan

ロシアで行われたSIC CUP2000ファイナルの模様でハリトーノフはまだ体の線も細く20歳の頃の映像のようです。
としか言いようがないファイルです。

今となってはRED DEVILで同門のマルハシャンとの決勝での映像のようです。
マルハシャンは物凄いロシア国内では人気選手ですね!
ハリトーノフがアウェー国選手のようです。

それはそうとこの試合はオープンフィンガーグローブを着け、どうみても総合格闘技のように見えますが、天下のデータベースサイトsherdogにもこの試合の詳細は明記されていません。

ハリトーノフは同年にウクライナで行われたBrilliant 2でMMAデビューした記録になっていますが、このファイルの詳細を追っていたら、1998年にフィンファイト2に出場もしています。

それにしてもハリトーノフの若きし頃の姿とはいえ、このファイルの最後はとても貴重映像ではないでしょうか?!
Sergey Kharitonov vs. Martin MalkhasyaUploaded ByYou Tsube 5:56今後の参考:DVDMTZ.COM...

【COMBAT KI】これは何だ?日本で世界で…注目?

GenkiSudo_in_America_COMBAT_KI.jpg


日本はもとより、世界のバラエティ番組で取り上げられているJukokaiの「COMBAT KI」ファイルのアレコレ集です。

COMBAT KIについては須藤元気取材ファイルでどんなものかを紹介していますのでまずそのファイルからみてみてはいかがでしょう!

一番個人的に、ウケテシマッタのは、須藤元気取材ファイル内で「ビデオで金的蹴ってるのを見たんですけど、それも見せてもらっていいですか?」という所です。
『あんた、丁寧な言葉遣いで、えらい無茶な注文しますな!』と笑ってしまいました^^;

なんかよくまだ理解不能で衝撃映像で、すごい映像の数々です★
▼須藤元気取材Genki Sudo in AmericaUploaded ByYou Tsube 10:10▼佐竹雅昭/ドリー・ファンクチャレンジ 3:14 ▼海外ファイル1 1:58海外ファイル2 8:41●Jukokaiのオフィシャルサイトはコチラ...

【ROTR9】岡見勇信 vs ジェイク・シールズ

JakeShields_vs_YushinOkamiROTR.jpg
2006/04/21 Rumble On The Rock IX ウェルター級トーナメント準決勝 5分3R ハワイ ハワイ・ブレイズデルセンター
Yushin Okami vs Jake Shields

同年1月に行われた同トーナメント一回戦を岡見はアンデウソン・シウバから、シールズはデイブ・メネから勝ち星をあげ進んだ準決勝の模様です。

岡見がアンデウソンに勝った詳細は、両者がっぷり四つの攻防の中で生まれたアンデウソンの踵での頭部への蹴りが反則となり勝ち上がりました。
この試合までのMMA戦績は15勝2敗で6連勝中です。
和術慧舟會東京本部所属で2003年のADCC日本予選を優勝し、立って良し寝て良しのオールラウンダーな選手です。

シールズはレイクーパーとのチャンピオンズシップに勝ち第6代修斗世界ミドル級王者となりました。
何がずばぬけている選手なの?
と聞かれると、グランドでのポジショニングで一本で勝った試合はチョークが多いです。
それと目と試合感がいいと言うのが妥当でしょうか?!
スタンドでのプレッシャーの掛け方は自負する所があるようで、グランドでは上下ともにジャッジのポイントを稼げる第6感的なポジショニングでオフェンス、ディフェンスの良さでこの試合まで、テロップとは少々ずれがありますが13勝4敗1分の戦績を残しています。
Jake Shields vs. Yushin OkamiUploaded ByYou Tsube 19:09参考:GracieFighter.com...

ジョルジュSTピエール テクニック講座1

GeorgesStPierre_07.3.19.1.jpg

Georges St-Pierre

現UFCウェルター級王者ジョルジュ・ST・ピエールのTKOウェルター級王者時代テクニック講座映像です。

デビッド・ロワゾーをパートナーと共に技解説です。

映像をみていればだいたい分かると思いますが、同じコメントの所は省かせてもらいポイント訳を左に明記しておきます。
最後は数種類のミックスコンボを実演してくれています★

ただ、これはMMAプロがみて実践に生かすための講座ファイルなので、見る側としてはピエールの試合を今後観戦する上での楽しみのひとつとしたら見方の幅が広がるかもしれませんね!
Georges St-Pierre - MMA Instructional VoUploaded ByYou Tsubeまずジャブの打ち方です。後ろ足を使いステップを踏むのが重要です。そして踏み込んでジャブを打つ時、肘をたたむのがキーです。肘が開いてはいけません。楽に踏み込み左手で素早く打ちます。次のテクニックは目線です。相手を前にするとだいたいの人が下を見てしまいます。ここで重要なのが、重心をしっかりし相手の顔を見ることです。見続けることが重要で、少し動...

【ボクシング】3月24日WBA/WBC統一王者ケスラーへの挑戦者!

LIBRADOANDRADE_vs_RICHARDGRANT06.9.15.jpg
2006/09/15 WBC ミドル級 アメリカ・シカゴ・アラゴン ボールホール
LIBRADO ANDRADE vs RICHARD GRANT

2007年3月24日に行われるWBA/WBC世界Sミドル級タイトルマッチで38戦全勝29KOのKOキングのミッケル・ケスラーに挑戦するWBC世界ランキング1位のアンドラーデ紹介ファイルです

2006年9月に行われたワンマッチでの映像ですが、この投稿ファイルタイトルは「メキシコ将来の世界王者リブラード・アンドラーデ」で、見て頂ければ一目ですが、黒トランクスが28歳のアンドラーデです。

この試合までのアンドラーデの戦績は23戦全勝17KOで、ファイル同年4月に元WBO世界ミドル級王者のオーティス・グラントから7R負傷判定による勝利をおさめ上記タイトル指名挑戦権を獲得しました。

この試合は、アンドラーデにとっては10Rを多く経験しているリチャードと調整試合的な一戦です。

アンドラーデは、プレッシャーで相手との距離を詰め闘うインファイトを得意とし、重量級ならではのハードパンチに加え接近戦でのオフェンス、ディフェンス共に高い技術を持った選手です。
 6:00【WBC】リブラード・アンドラーデ vs リチャード・グラント●ミッケル・ケスラーの試合映像はコチラから(詳細については後々きちんうpしたいと思います^^;)参考:FIGHT WRITER、WBCオフィシャルサイト、Fight News CANADA...

マカコ・ゴールド・チームからのバックステージ投稿ファイル

2007.2.28pancrase_backstage.jpg
PANCRASE 2007 RISING TOUR

まず両ファイルとも音声ありです。最初の数秒音がないのでボリュームには気をつけてください!

2007年2月28日に行われたPANCRASE 2007 RISING TOURのブラジル・マカコ・ゴールドジムのバックステージ映像です。

マカコ・ゴールドジムから同大会に第5試合にチアゴ・シウバ、メインイベントにグスタボ・PCが参戦しました。

チアゴ・シウバは第2のヴァンダレイ・シウバとも言われ元シュート・ボクセ・アカデミーという事で会場のバックステージ映像ではお馴染の★星T-シャツを着ているセコンド陣が目にとまります。

プライベートなトークは字幕や通訳などありませんが雰囲気だけお楽しみください★

同大会参戦選手の最終練習(上ファイル)や第1、2試合ほど映っていますが(下ファイル)、パンクラス参戦ジムを見るとGRABAKA、やキラービーなどをはじめ有名ジムをはじめとても多くのジムから参戦しています。

キーワード:Gustavo PC、Thiago Silva
▼会場へ向かうマカコ一行~会場入り/ウォーミングアップ~Pancrase Backstage part 1Uploaded By You Tsube▼試合観戦~バックステージ練習/試合/インタビュー~Pancrase Backstage part 2Uploaded Bydavi28...

【パンクラス】チアゴ・シウバ vs 水野竜也【RISING TOUR】

ThiagoSilva_vs_TatsuyaMizuno07.2.28.jpg
2007/02/28 PANCRASE 2007 RISING TOUR ヘビー級 王座次期挑戦者決定戦 5分3R 東京・後楽園
Thiago Silva VS Tatsuya Mizuno

ファイルでも紹介があります、第2のヴァンダレイとも言われる、チアゴとU-FILE CAMP登戸の水野の一戦。

ファイル内でも紹介されていますが総合格闘技無敗通しの対決です。(経験は両者とも浅いですが)
チアゴはブラジルで行われた2006年11月に行われたFury FC 2 -93㎏GPで優勝した事により、そのポテンシャルの高さを世界にアピールしました。
まだ闘い方にパワー任せで細かい技術に荒さが目立ちますが、ルールが違えば更に違う闘い方が予想できます。

この試合をみて一言。力強いです!!

両者の紹介についてはリングアナの声に耳を傾けてください★
10:00...

【パンクラス】北岡 悟 vs グスタボ・PC【RISING TOUR】

gustavoPC_vs_storukitaoka_07.2.28.jpg
2007/02/28 PANCRASE 2007 RISING TOUR ウェルター級5分3R 東京・後楽園
Gustavo PC VS Satoru Kitaoka

同大会ここまでバラエティにとんだいい試合が多くその締めをくくるメインイベントパンクラスを代表する北岡とブラジルのマカコ・ゴールド・チーム所属PCの一戦です。

セミファイナルで北岡の同門で先輩の伊藤崇文が魂全開の試合をして敗戦。
この試合が行われている事、引退とも取れるバックステージでコメントを残していました。
セミ試合の熱をおびたまま引き継ぐ形で行われるメインイベントです。

解説はパンクラスismの先輩でもあり現ライトヘビー級王者近藤有己がし、不動心解説ながらも身内からの目線ありーの、熱を感じるコメントがあります。

このファイルでは全く触れられていませんが、試合後には勝者は2007PRIDEライト級GPへの参戦を希望するコメントをリング上マイクで残しています。
Gustavo PC VS Kitaoka Pancrase RisingUploaded ByYou Tsube 13:32...

【修斗】ヨアキム・ハンセン vs JZカルバン

JoachimHansen_vs_J.Z.Calvan.jpg
2004/07/16 プロフェッショナル修斗 ウェルター級5分3R 東京・後楽園ホール
Joachim Hansen vs J.Z.Calvan(Gesias Cavalcante)

修斗ウェルター級のトップ戦線、第6代修斗ウェルター級世界王者でこの試合は同級1位のハンセンと世界同級7位のジェシアス・カバウカンチの一戦です。

ハンセンは五味隆典から同級王座を奪取しました。

しかし初防衛戦となった2003年末興行でビトー・シャオリン・ヒベイロにその座を明け渡し、修斗復帰2戦目となるこの試合です。

動画が1.5倍速になっており音声のずれはありますが、坂本一弘氏と高島学氏が貴重な情報に触れていますので、音声はオンで観戦してみてください。

カバウカンチはこの試合はMMA3戦目でギロチン、アンクルホールドで連勝しています。

ルタ・リブレ、レスリングをベースにした選手でブラジル国内レスリングの大会で優勝もしています。

非常にいい試合です。
最後まで見て、それを受けて再度見直しても良い試合だと思います。

展開的には3ラウンドともにカルバンのテイクダウンから始まる展開が目立ち、そのグランドで上下からのパウンド、パンチの打ち合い、関節の取り合いなど見所十分です★

最終盤の印象がジャッジの判定を分けたのか?!
Joachim Hansen vs J.Z.CalvanUploaded ByYou Tsube 5:56PRIDEライト級のトップコンテンダーとして活躍したハンセンとHERO'Sミドル級の2006王者のジェシアス・カバウカンチことJZカルバンの一戦です。タックルから試合を組み立てる展開が目立つ、この試合から比べると2006年のHERO'S ミドル級トーナメントに出たカルバンの打撃は別人のように進化、進歩していますね。...

【修斗】川尻達也修斗ウェルター級王座返上

Kawajirirelinquishes.jpg

Tatsuya Kawajiri

たった5秒の動画ですが、ひやかしでのうpではありません。

このタイトル返上の経緯は川尻は2006年大晦日に参戦したPRIDE男祭りで、左手の親指を負傷してしまった事から始まります。
その大晦日の試合での負傷は骨折という事が後日判明します。
それでもタイトルの防衛期限が2月に迫っているため、2月の大会には参戦する方向で練習を続けていたのですが、またしてもスパーリング中に負傷箇所を悪化させてしまいます。
左母指中手骨基部骨折(全治2カ月)と診断され、修斗コミッショナーの定める防衛期限を越えてしまう為、自らタイトルを返上をしました。

この返上後、初めて発表された2月期のランキングは世界4位、環太平洋2位。
修斗のランキングは強さの順位ではなく、1位以下はタイトル挑戦への順番のようなものとなっています。

2007年のうちに同王者へ返り咲くには年内に最低2試合は必要な位置付けとなってしまいました。
ちなみに同発表時のランキング1位は同門で同時期に環太平洋のベルトを返上した石田光洋です。

2007年にはPRIDE武士道ライト級GPも予定されており、4月以降の選択肢は総合格闘家川尻達也の人生を決める大きなターニングポイントとなりそうです。
Tatsuya Kawajiri relinquishes his ShootoUploaded ByYou Tsube 00:05...

ケージフォースで朴の対戦相手ヤルッコ・ラートマキ ハイライト PV

NFS_Fighter_JarkkoLatomaki_HL.jpg

Jarkko Latomaki

身長:175cm、体重:-70kg

フィンランド出身で、フィンランド軍所属していた事もあり、その時フィンランド軍ボクシング王者に輝きました。
高い打撃技術を持つ選手です。
しかしそれだけではなく、MMAプロデビューしてから数試合後に、European Vale Tudo(EVT)-70kgのトーナメントに出場し、決勝で初黒星を喫するまでデビューから6連勝(1KO/3一本)で、引き付ける力が強くグランドでの強さも発揮しトータルバランスの取れた選手と成長していきます。

ファイル内ではプロMMA戦績7勝2敗となっていますが、うp時最終戦績は2006年11月の時点で11勝3敗(3KO/5一本)という戦績を残しており、ガード内に収まっていてもパウンドも力強くトップ、ボトムどちらでも見せ場を作れる選手のようです★
 1:16※ヤルッコ・ラートマキは2007年3月17日に朴 光哲とケージ・フォースで対戦するケージ・ウォーリアーズ推薦選手です。参考:コチラ、Free Fighting...

PRIDE34 青木真也の対戦相手 ローアンホーの映像

RodneyFaverus_x_BrianLoANjoe_trainning.jpg

Brian Lo A Njoe、Rodney Faverus

ブライアン・ローアンホーとPRIDE武士道1にも出場しオランダのチームシュライバー所属のロドニー・ファベイラスのスパーリング風景です。

ジム内の熱気による蒸気でレンズが曇っており、非常に選手自体確認しづらい映像ですが、白TシャツにファイアートランクスがPRIDE34で青木真也と闘うローアンホー、上半身裸で黒パンツがファベイラスです。

ファイル映像から伺えるのが、長身選手のプレッシャーに重心が下がり気味になり、手数を出しているのにも関わらず少し押される場面が目立ちます。

青木はグラップリングの切れ味は試合を追う毎に進化がみられますが、打撃のめまぐるしい進化が見られないとはいえ身長180㎝。
ローアンホーとはおよそ10cmの身長差があります。
うまく懐に入り、ミドルキック、フックなどがうまく打ち込めるかが鍵になりそうです。
 1:25---ローアンホーのスペック紹介---出身:オランダ・アムステルダム生年月日:1976年1月22日年生まれ身長170㎝、体重70~75kg(通常)スタイル:キックボクシング/オーソドックス(43勝34KO)K-1オランダ興行にも出場経験があり1勝1敗。2007年3月期までのMMA戦績:4勝5敗3分(2KO/1一本)1998年10月にMMAプロデビューをしてリングスオランダのみで2001年まで9試合経験しています。2002年に1試合をしてからおよそ4年ほどブラ...

【迫力満点レフリーカメラ映像】桜庭和志 vs ヒカルド・アローナ【PRIDEミドル級GP2回戦】

saku_vs_arona3.15up.jpg
2005/06/26 PRIDE GP 2005 2nd ROUND ミドル級GP2回戦 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
Kazushi Sakuraba vs Ricardo Arona

試合を一番近くで見ているレフリーカメラからの桜庭とアローナの一戦でとてもライブ感があります★

桜庭は「グレイシーハンター」と名を馳せ、「柔術キラー」と呼ばれてからどれくらいの月日が経ったのでしょう。

ヴァンダレイ・シウバとの激闘を幾度も繰り返し、その度白星を献上してしまい、シウバに「日本人キラー」「ミドル級絶対王者」というミドルネームを与えてしまった事の重責を背負ってのミドル級GPトーナメント参戦となった今大会です。

リングス世界ミドル級王者、ADCC‐98kg、無差別級2冠王者でBTTに所属し、柔術をバックボーンに持つ極め、グラップリングのスペシャリストはアローナはそ「柔術キラー桜庭」を追って、PRIDEのリングを求めた経緯があります。
PRIDEでこの試合までは派手な評判とは裏腹に地味に映る試合が多い中5勝1敗の戦績を残しています。

この時期はブラジル老舗ジムのシュート・ボクセvsブラジリアン・トップ・チームのジム抗争もあり、その後のヴァンダレイ・シウバ、マウリシオ・ショーグンといったCB勢への照準もあってか、この試合は特に勝ちに拘った試合となっています。

この試合はご存じの方も多い試合で、記憶に残る試合となりました。

 17:34※レフリー目線からカメラ位置がやや下で、途中からセコンド、プロモーターへの視線が目立ち多少見づらい箇所もありますが、レフリー目線で試合を観戦してみてください。...

トップページ >> 2007年03月






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。