スポンサーサイト

【パンクラス】昇侍 vs ウマハノフ・アルトゥール【ライト級/-70.3㎏】

PancraseArturUmakhanov_vs_Shoji080130.jpg
2008/01/30 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 初代ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦 5分3R 東京・後楽園ホール
Shoji vs. Artur Oumakhanov

当初は4人のトーナメントで行われる予定だった初代ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦ですが、出場選手の負傷により中止となり、同級ランキング3位の昇侍と2位のウマハノフ・アルトゥールによる決定戦で争われることになった一戦です。



 7:03初代ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦 5分3R昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ/3位)アルトゥール・ウマハノフ(ロシア/SKアブソリュート・ロシア/2位・ケージフォース同級王者)...

【パンクラス】竹内 出 vs ブライアン・ラフィーク【ミドル級】

070905IzuruTakeuchi_vs_BryanRafiq.jpg
2007/09/05 PANCRASE 2007 RISING TOUR ミドル級キング・オブ・パンクラス 次期挑戦者決定戦 5分3R 東京・後楽園ホール
Izuru Takeuchi vs Bryan Rafiq

この試合は第6代ミドル級王者である中西裕一の持つタイトルへの挑戦権を掛けての竹内出とブライアン・ラフィークの一戦です。

竹内はこの試合ミドル級王座次期挑戦者決定戦として行われために、勝てば4度目となるタイトルへの挑戦が決まる大事な試合。

前回同タイトルへ挑戦した時は現王者の中西にスプリットで惜負してしまいました。

柔道、レスリング、コンバットレスリングそしてサンビストとして2000年にはアブダビコンバット日本予選を優勝したほどのグランドで極めの強さを持っています。

同級ランキング1位にランキングされており、この試合までのMMA戦績は21勝9敗6分、パンクラス戦績10勝3敗3分の戦績ですが、残念ながらMMAではスタミナの深さは見せ付けられるものの、ここ一番での「極めの強さ」が見せられておらずそのポテンシャルに影がかかっています。

ラフィークはパンクラスとのアライアンス提携されたbodogFIGHTからの刺客でパンクラス2戦目の試合です。

パンクラス初戦はホアン"ジュカオン"カルネイ仕込みのグラップリング力と言われ参戦、しかし蓋を開けると大振りながらパンチスキルとレスリング力を見せつけ、当時同級2位にランキングされていた佐藤光留からKO勝ちをしアップセットを果たしました。

この試合は同級2位にランキングされ次期タイトル挑戦権を掛けパンクラス2戦目にして大一番となりました。

この試合までのMMA戦績は5勝1敗で3つの一本勝ちと先に述べた試合で1つの(T)KO勝ちがあります。


14:50 ●ラフィークのパンクラス初参戦の模様はコチラ...

【パンクラス】北岡悟 vs ジェイソン・パラチオス【ウェルター級】

07.9.5Kitaoka_vs_JasonPalacios.jpg
2007/09/05 Pancrase ~2007 Rising Tour カール・ゴッチ氏 追悼興行~ メインイベント ウェルター級5分3R 東京・後楽園ホール
Satoru Kitaoka vs Jason Palacios

同年7月に“プロレスの神様”といわれ“「PANCRASE」の名付け親”でもあるカール・ゴッチ氏が他界しました。

興行名の名付け親を偲び、ゴッチ氏追悼興行とサブ興行名が付けられた同興行のメインイベントに組まれた一戦です。

パンクラスのリングで実績を重ねPRIDEライト級GPへの参戦表明(その後PRIDE休止)、HERO'Sの大晦日で船木誠勝復帰表明があり、その船木が対戦者を募った為、最初に手を上げた北岡でしたがスルーされてしまい今後の動向が気になる北岡です。

この試合の両者について実況、解説とても判り易いファイルですので、じっくり観戦してみてください★


17:19...

【パンクラス】前田吉朗 vs ジョニー・フラシェ【フェザー級】

Pancrase07JohnnyFrachey_vs_YoshiroMaeda9.5.jpg
2007/09/05 PANCRASE 2007 RISING TOUR セミファイナル 第7試合 フェザー級 5分3R 東京・後楽園ホール
Yoshiro Maeda vs Johnny Frachey

同級初代(現)フェザー級王者の前田吉朗とbodogFIGHTからの刺客フランスのジョニー・フラシェの一戦でノンタイトル戦です。

前田はパンクラスで育ち結果を残しているパンクラス軽量級の雄で、この試合までのMMA戦績は21勝4敗1分を残しています。

13戦全勝無敗という話題でPRIDE武士道に参戦するも一発失神KO負けを喫し、通常-65kgから-73㎏の武士道参戦とう8kgの大きな壁にぶち当たり得意としたスタンドで一蹴されてしまいました。

それからリズムを崩し、パンクラス無敗記録にも土がつき、およそ1年半内に連敗も含む3敗を喫してしましました。

フェザー級タイトルを制定されたパンクラスでは初代王者になり、現在パンクラス4連勝中です。

一皮剥けた闘いに注目です★

フラシェはBTTジュカオ・アシル・チーム所属でホアン"ジュカオ"カルネイロの弟子という事で、触れ込みは良いですが、まだMMAへの適応能力は未完成でこれまでのMMA戦績は6勝4敗です。

ブラジリアン柔術、ムエタイ、ボクシング、レスリングをベースにその他足技主体のカポエラを2年、インドネシアの伝統武道プンチャックシラットを3年習う異種異様な選手です。

グラップリングは30戦をこなし5敗、ムエタイも3勝2敗の戦績があり、圧倒的にグランドでの試合を得意とするグラップラーです。

打撃でどこまで前田に対抗できるのかが注目です★


 10:56●ジョニー・フラシェについて別ファイルはコチラ参考:Johnny Frachey MMAPredictions 、パンクラス公式...

【パンクラス】川村 亮 vs ファビオ・シウバ【静止画像まとめ】

FabioSilva_vs_kawamura07.530photo.jpg
2007/05/30 PANCRASE 2007 RING TOUR ライトヘビー級 5分3R 後楽園ホール
Ryo Kawamura vs Fabio Silva

同ランキング3位の川村とシュートボクセ第3の刺客ファビオ・シウバの静止画像をまとめたFLVファイルですorz

観戦したので簡単な試合の感想!
とても見所満載の試合でしたので、動画を発見次第うpします。

至近距離でのパンチの打ち合いも的確さ、オフェンス&ディフェンス力の高さも川村は試合を追う毎に精神的な強さを感じました。

シウバはヴァンダレイの弟分として、入場時に両腕をグルグル回すスタイルも一緒で、風貌からも兄貴をコピーしてきた感じの選手でした。

しかし、実際試合が始まると、コピーではなくシュートボクセの基本を忠実に実践できるファイターである事がわかりました。

得意技は至近距離からの回転の速いパンチ連打、距離を詰めての首相撲からの膝、正確さは川村のディフェンス力が上がっている為分かりずらい部分がありましたが、スピードとパワーは間違いない選手です。

フジマール会長不在での今回の試合、初来日でこの試合までのMMA戦績は7勝2敗6連勝中です。

試合後はいきなり同級王者の近藤を指さし、挑戦を出す荒々しさも誰かとやはり似ています。
更なる高みを望める選手ではないでしょうか!!
 3:20...

【パンクラス】佐藤光留 vs ブライアン・ラフィーク

BrayaneRafiq_vs_hikaruSato07.4.27.jpg
2007/04/27 PANCRASE 2007 RISING TOUR セミファイナル ミドル級5分3R 後楽園ホール
Hikaru Sato vs Bryan Rafiq

パンクラスismの佐藤とBodogFIGHTからの刺客フランスのラフィークの一戦です。

この大会から日本のパンクラスとカナダイベント主bodogFIGHTと提携する事が発表になり、試合間にリング上でbodogFIGHTの首脳陣の一人がマイクを握り熱のあるコメントを残しました。

その為、リング、グローブにも「bodogFIHGT」のロゴが入りました。

佐藤は完全にismの重鎮としてパンクラスを主戦場とする選手でこの試合時点では同ミドル級2位です。

この試合までのMMA戦績は17勝15敗3分でファイル内でも紹介されていますが3連勝中です。

ラフィークの戦績についてはファイル内で実況アナが紹介していますので、そちらを聞き逃さないよう聞いてください。

今回はbodogFIGHTからの派遣選手としての参戦です。

生年月日は1986年4月23日

身長は175cm、体重は82kg

出身地はフランスで得意技はブラジリアン・トップ・チーム、ホアン"ジュカオン"カルネイ仕込みのグラップリングでアームバーを特に得意とします。
 12:58DIVXファイルですので、Divxプレイヤーをダウンロードしてから閲覧してください。...

マカコ・ゴールド・チームからのバックステージ投稿ファイル

2007.2.28pancrase_backstage.jpg
PANCRASE 2007 RISING TOUR

まず両ファイルとも音声ありです。最初の数秒音がないのでボリュームには気をつけてください!

2007年2月28日に行われたPANCRASE 2007 RISING TOURのブラジル・マカコ・ゴールドジムのバックステージ映像です。

マカコ・ゴールドジムから同大会に第5試合にチアゴ・シウバ、メインイベントにグスタボ・PCが参戦しました。

チアゴ・シウバは第2のヴァンダレイ・シウバとも言われ元シュート・ボクセ・アカデミーという事で会場のバックステージ映像ではお馴染の★星T-シャツを着ているセコンド陣が目にとまります。

プライベートなトークは字幕や通訳などありませんが雰囲気だけお楽しみください★

同大会参戦選手の最終練習(上ファイル)や第1、2試合ほど映っていますが(下ファイル)、パンクラス参戦ジムを見るとGRABAKA、やキラービーなどをはじめ有名ジムをはじめとても多くのジムから参戦しています。

キーワード:Gustavo PC、Thiago Silva
▼会場へ向かうマカコ一行~会場入り/ウォーミングアップ~Pancrase Backstage part 1Uploaded By You Tsube▼試合観戦~バックステージ練習/試合/インタビュー~Pancrase Backstage part 2Uploaded Bydavi28...

【パンクラス】チアゴ・シウバ vs 水野竜也【RISING TOUR】

ThiagoSilva_vs_TatsuyaMizuno07.2.28.jpg
2007/02/28 PANCRASE 2007 RISING TOUR ヘビー級 王座次期挑戦者決定戦 5分3R 東京・後楽園
Thiago Silva VS Tatsuya Mizuno

ファイルでも紹介があります、第2のヴァンダレイとも言われる、チアゴとU-FILE CAMP登戸の水野の一戦。

ファイル内でも紹介されていますが総合格闘技無敗通しの対決です。(経験は両者とも浅いですが)
チアゴはブラジルで行われた2006年11月に行われたFury FC 2 -93㎏GPで優勝した事により、そのポテンシャルの高さを世界にアピールしました。
まだ闘い方にパワー任せで細かい技術に荒さが目立ちますが、ルールが違えば更に違う闘い方が予想できます。

この試合をみて一言。力強いです!!

両者の紹介についてはリングアナの声に耳を傾けてください★
10:00...

【パンクラス】北岡 悟 vs グスタボ・PC【RISING TOUR】

gustavoPC_vs_storukitaoka_07.2.28.jpg
2007/02/28 PANCRASE 2007 RISING TOUR ウェルター級5分3R 東京・後楽園
Gustavo PC VS Satoru Kitaoka

同大会ここまでバラエティにとんだいい試合が多くその締めをくくるメインイベントパンクラスを代表する北岡とブラジルのマカコ・ゴールド・チーム所属PCの一戦です。

セミファイナルで北岡の同門で先輩の伊藤崇文が魂全開の試合をして敗戦。
この試合が行われている事、引退とも取れるバックステージでコメントを残していました。
セミ試合の熱をおびたまま引き継ぐ形で行われるメインイベントです。

解説はパンクラスismの先輩でもあり現ライトヘビー級王者近藤有己がし、不動心解説ながらも身内からの目線ありーの、熱を感じるコメントがあります。

このファイルでは全く触れられていませんが、試合後には勝者は2007PRIDEライト級GPへの参戦を希望するコメントをリング上マイクで残しています。
Gustavo PC VS Kitaoka Pancrase RisingUploaded ByYou Tsube 13:32...

【パンクラス】北岡 悟 vs ポール・デイリー

SatoruKitaoka_vs_PaulDaley06.8.27.jpg
2006/08/27 Blow Tour 6 ウェルター級5分3R 神奈川・ 横浜文化体育館
Satoru Kitaoka vs Paul Daley

映像内でも紹介ありますが、パンクラスウェルター級2位の北岡とイギリス金網イベントCageRageウェルター級英国王者のポール・デイリーの一戦です。

北岡は元パラエストラ東京所属で中井祐樹氏に現在の基礎を習い、その伍パンクラスismに移籍し現在に至った経過があります。
その為、パラエストラ所属時からの親交でセコンドに修斗ミドル級王者の青木真也の姿もみえます。

デイリーは現役のCage Rageウェルター級英国王者で今回初来日です。
空手、ムエタイ、キックボクシングをバックボーンに持ち、キックについてはロブ・カーマンの孫弟子にあたり、カーマンから直接指導を受けた事もあるようです。
グランド技術については、まだまだ穴が多いですが、アメリカン・トップチームに長期滞在しマーカス・アウレリオやJGカルバン等から手ほどきを受け貪欲に臨む今回の試合です。
この試合までのMMA戦績は11勝4敗2分で圧倒的にKO率が高い選手です。


 6:04●ファイルうp時、ポール・デイリー最新CRでの試合映像はコチラ...

トップページ >> パンクラス






                      お薦め・注目サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------

ここが空欄の場合
各ブログ更新を楽しみにされている方、たいへんご迷惑をお掛けします。

メンテナンス・障害情報などは コチラ をご確認ください。



                      格闘技選手/メディア・関係者サイト更新状況
--------------------------------------------------------------------------------------


メニュー

ばうつべのRSS


検索 

                                                
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。